たけの牛丼はおやつdesu!

趣味の釣りや獲物の調理など色々かな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アジ考察(1)

2012-04-29 | 釣り
今回は釣りの報告ではないです

今年の1月~4月の釣果を再確認したところ

暖かくなっている4月よりも厳寒期の2月のほうが釣果がいい

海水温が冷たいのになぜ?

ここで魚類は変温動物ということが重要になってくる

変温動物とは自分で体温調整ができない

その代わりに体温維持に必要なエネルギーが不要である

体温調整は回りの環境温度まかせである

魚類であれば水温がそれにあたる

水温が上がれば体温も上がる、水温が下がれば体温も下がる

つまり活動可能水温ならば水温が高くても低くても関係無いことになる

では何故、アジの活性がかわるのか?

海水温の温度自体ではなく温度の変化が重要のようだ

例えば15℃の水温がそんなに変化もなく続けばアジの体温もなれ

普通に活動する(2月)

18℃あった水温が風や雨、海流やうねり、日射などによって

急激に変化し下がったり上がったりすると(4月)

アジは体温変化の為、活性が低くなる

2月は比較的低い水温だが安定していた(時に釣りに行っていた)

4月は爆弾低気圧や強風などによって水温が不安定だった(時に釣りに行っていた)

又、固体の大きさにも関係が出てくると考える

小さな固体ほど温度変化に追従性が高く

大きくなればなるほど変化追従性が低くなると考える

恐竜が絶滅した説の一つに大きな温度変化に追従できなかったためというのがある

つまり水温変化が激しい時期は釣果にムラがあり豆アジが多くなる

豆アジが釣れた後は、穏やかな日が続けばチャンスである

自分の釣果の記録と他の外房でアジ釣りしてる人の釣果で検証すると

なかなか仮説とマッチしてくる

釣行の日程は選べないのだが、他のブロガーさんの釣果と気候の変化を考えれば

豆が多そうだから6号針使おうとか

大型狙いで10号1本針のフカセで行こうとか

戦略を考えて行けそうだ

以上

あくまで釣り好きの仮想にすぎません

最後までお付き合いしていただきありがとうございました


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

弾丸釣行 外房アジ (14)

2012-04-26 | アジ釣り
急に休みが変更になり4/26が休日になったため

外房までアジ釣り行ってきました

ヤホー(ナイツ風)の天気予報だと風は北1~2mのちAM3時くらいから南4m

南風になると向かい風になるので3時までが勝負かぁ

最近あまり天気予報あてにならないんだよなぁと思いつつ

コマセを買って会社を出たのが18:30

コマセがカチンコチンなので容器にいれて助手席足元に

そしてヒーター出力最大


......

暑い!いや 熱い

すぐに窓全開(なんて馬鹿なんだろうw)

そんなこんなしてるうちに釣り場到着20:30

コマセはいい感じに溶けてます(OK!)

ん?


風が 南から 吹いて くるよ(いっこく堂風

低気圧のルートがずれたか、速度がはやまったみたいだなぁ

うねりも結構あるので風下狙いの内海でやるか

しかし春の天気は気まぐれですなぁ

さっさと準備完了して

タケちゃん向かい風に向かってキャストしてやったぜぇ(おいおい)

10mくらいしか飛ばなかったぜぇ(涙)

しょうがないので回収するとウキが風に乗り

凶器と化して顔面に向かってきやがったぜぇ、あせったぜぇ


間一髪、マトリックスの様に(嘘)かわしてやったぜぇ(ワイルドだろぅ)

そして何事も無かったかのように内海へ投げる(初めからそうしろ!)

1投目からウキが消しこみなかなかのサイズ

これはいけるのか?

.....

その後3時間ウキが消しこんだのは、もう1回でした

ちなみに海水温は18.4℃でした

釣果報告!魚が小さいので写真大きくしてみました



ウキを消しこんだ2匹がちゃんと写ってないのでもう一度



ウキを沈められない豆アジばかりで

写真でみるとレギュラーサイズが立派に見えてしまう

数は30匹ちょいでした

風が追い風でもかなりきつく

折りたたみ椅子が立つたびに風で倒れるほどでした(途中から使うのやめた)

アジ南蛮の分は確保できたので(いつからそれが目標にw)

納竿といたしました0:00

GWは仕事のため釣行予定はありませんが

もしかしたら弾丸エギングとかしちゃうかも

アオリちゃんゲソを洗って待っててね


大きな写真見やすいぞ!と思ったら
↓↓↓↓↓ポッチとお願いします

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へにほんブログ村





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アジ釣り後の寄道

2012-04-20 | 釣り
先日のリベンジ釣行の後ですが

AM4:00に釣り場から帰路についたのですが

30分後に強烈な睡魔に襲われ30分だけ仮眠を

目が覚めるとAM7:30 あれ?計算があわない

ワープか?

いや

寝坊だw

しっかり3時間も寝たら元気になったので

内房までイカ調査に行ってみようと車を走らせました

9:00過ぎには到着しエギをしゃくりましたが

イカさんは不在

水温は16.2℃といささか低い状態

墨跡は何箇所か発見しましたが量が多いのでアオリっぽくないなぁ

コウちゃんかな

お腹がすいたので岩井の住吉飯店でもと思ったが

ZK氏より「さすけ食堂」の話をきいていたのでそちらに向かう

しかーし定休日

ならば君津のだいちゃんへ向かうが

スープ終了で閉店ガラガラ~

あきらめて帰宅しました

去年はこんなのとか釣れてたのになぁ





↓↓↓↓↓イカの記事も待ってるぞ!と思ったらポッチッとお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リベンジ釣行 外房アジ(13)

2012-04-19 | アジ釣り
前回ボウズのリベンジということで

4/18夜から外房までアジ釣り行ってきました

今回は前回の同行者jjj君とおなじみのZK氏YT氏の4人での釣行

前回と比べて気温、天候、風は合格点をあげられる感じ

あとは現場について水温とうねり次第といったところ

現場21時に到着、うねりはなんとかなりそうだ

あとは水温かぁ

今までは冷たいとか感覚だけで判断していたので

今回は水温計持参しました

計ってみると15.6℃....低い

魚の活性に一番かかわるファクターが弱いかぁ

覚悟して釣らないと、などと思い実釣開始

数投で数匹つれたが、アタリが小さかったり、すぐに針を放しちゃったりと明らかに活性が低い

タナをこまめに変えたり、誘いを入れたりと考えながらの釣り

結果から言うと、タナはいつもより1ヒロ以上深く、誘い等入れないと

反応がすこぶる悪かった

必死になって絞り出した釣果は

ジンタ君交じりの30匹ちょい超えるくらい





ジンタ君を泳がせ釣りしてたYT氏に贈呈いていたので正確な数分からなくなりました

ZK氏も30前後の釣果

jjj君も初アジゲットの2匹の釣果

YT氏は.....アジ釣りしてないので結果は割愛します

全体で60匹強という結果で

おなじみのカップメンブレイクをして

納竿といたしました

爆釣とはいきませんでしたが一応


リベンジ成功

ということで

実はAM4時過ぎに釣り場から帰ったのですが、さっき自宅に到着しました
寄道道中は後日アップします

↓↓↓↓↓ポッチとしていただけると頑張れます

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

外房~南房 アジ釣り(12)

2012-04-15 | アジ釣り
そう 彼は分かっていた

いつかこんな日が来ることを

それは突然に

そしてゆっくりと近づいてきていたんだと

彼は目を閉じ、煙草に火をつけ、大きく吸い込むと

一気に紫煙を吐き出した

まるで”ため息”のように.........

そして、一言一言を確かめるように

ぽつりぽつりと話し始めた




あれは2012年の4月14日の夜だったと思います

朝からの雨、気温の低下、強風、海水温の低下

今考えれば最悪な条件ですね

アジ釣り初挑戦の後輩を連れて会社を出発したのは

20:30頃でした

22:30頃、外房のいつもの堤防に到着

強風の為、風裏にあたる漁港まで移動

2時間ほど投げるも、後輩のキャスト練習にしかならなかった

その後、いつもの堤防に移動したが強風とうねり、そして人人人

初心者を連れて出来る状況ではないと判断し

一気に南房の漁港まで走りました

そこは大きな漁港

広々していて先行者もなく貸切

貸切?土曜日の夜なのに釣り人が1人もいない?

(このとき気づくべきでした

奴はゆっくりと確実に、獲物を狙う猫のごとく

近づいてきていたことを)

海水温は冷たい、風も冷たい

まるで1月に釣りに来たときのようだ

ときよりボラは跳ねている

星は綺麗だ

朝焼けもきれいだ

朝日モキレイダ

終った

愛用のウキは1度も沈むことなく

終った

「アジ釣り?行けば釣れるでしょ(笑)」「なんとかなるって(笑)」.....

過信、おごり、傲慢な考えが奴を呼んだのか

そう


ボウズ(BOUZU)

今年12回目の釣行にて初の完全ボウズ

完敗です

やられました


一瞬の静寂が広がる


彼はぼそりと続けた

でも終わりじゃないです


閉じた目をゆっくりと開くと

言った


リベンジです

4.18に再挑戦(再釣戦)ですよ


少し微笑んだ瞳の奥が、一瞬キラリと光ったような気がした

復讐の炎だろうか

もう少し彼の行動を見てみたいと思った

つづく



もっと頑張れと思ったらポチっとお願いします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へにほんブログ村












コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加