手作りバッグ・玲

酒袋などで作ったオリジナルバッグ

覆い布つき酒袋手提げバッグ

2011-02-28 11:43:31 | 手作りバッグ・玲

ご注文いただいていた酒袋で作ったバッグがやっと出来上がりました。大変お待たせいたしました。

中に仕切りが付き、覆い布をかぶせる定番の手提げバッグです。

酒袋は昭和30年代まで日本酒を搾っていたもので、木綿の布に柿渋をかけ繰り返し使っていた年代ものです。今は使われなくなり骨董屋さんで買うしか方法がありません。

状態のいい味のある布から順番に使っていますので、手持ちの材料も少なくなってきており心細く感じています。

まがい物が出回っている今日、いつまで本物にこだわり続けられるか心配しながら、今回の作品も本物の証である継ぎをアクセントにし、たっぷり酒袋を使ってシンプルなバッグを作りました。お気に行っていただけると思います。

 

   

 

手作りバッグのお店です http://bag.shop-pro.jp/ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天空の湖ウユニ塩湖-3 雑記

2011-02-23 22:37:30 | 旅行

念願のウユニ塩湖を後にコチャバンバに向かいます。途中オルーロまでの悪路にはぬかるみにはまって立ち往生している車がたくさん見られましたし、赤茶けたでこぼこ道は川のようになっており、乾季に来たらさぞかし砂塵が大変だろうと想像できました。

(泥で車輪を取られ立ち往生中のバス)

            (アンデス地方の穀物 キヌア)                          (道端で草をはむビクーニャの群れ 野生?)        

 

         (いたるところにかわいい表情の犬が)                           (素朴な表情の子供)

 

ウユニからコチャバンバまで高度4300mほどのアンデス山脈を四駆とバスで13時間ほどの移動はかなりこたえました。

それでも3800m前後の赤茶けた広大な大地を四駆に身を任せていると、時間も心も解き放たれていくようです。走っても走っても同じような景色、時々現れるビクーニャやラマ。心を空にしてこの時間と景色を心いくまで楽しみました。

コチャバンバでは市場やカテドラルの見学をし、翌日ラパスでは世界遺産のティワナク遺跡や月の谷の観光をしました。このころになると高山病にも少し慣れていましたが、よく眠れていないせいもあり疲れがたまってきているのがよくわかりました。

(月の谷)

  (月の谷で見つけたチンチラ 見つけるのはなかなか難しいとか)                 (アンデス山脈通過中)

 

今回の旅行はトラブル続き。スーツケースが届かなかったこと、風邪を引いたこと、高山病で苦しかったこと。

最大のピンチはアメリカ入国時(行き、帰りの2回)のトラブル。パスポートを取り上げ理由もわからないまま別室送り。体重を聞かれたり出身地を書かされたり、両親の名前まで書かされたり。8名のツアーの方に迷惑がかかるし、乗継便に遅れると帰国便に間に合わなくなるし…・いろんな心配事がよぎりますが係りの人はのんびりとしたもの。彼らの尊大さに腹が立つがじっと待つしかない。無罪放免されたのは1時間半後、あと5分遅ければ最悪のケースだったがやっと、やっと無事帰国できました。

ところがまだおまけがあって、高地、低地、飛行機の乗り継ぎ、風邪、高山病などが重なり耳が聞こえにくくなりボンボン音がする。耳鼻科で受診すると中耳炎で両耳に膿がたまっているとのことで、鼓膜の切開と投薬で只今治療中。

今回はダメージの大きかった海外旅行でしたが、念願のウユニ塩湖が見えたので100点とします。そしてツアーのみなさんや添乗の藤元さん、スーツケースが届かず食欲のないとき日本食を下さったり、風邪を引いた私にカイロやティッシュペーパー、風邪薬を下さるなどとてもお世話になり本当にありがとうございました。

手作りバッグのお店です http://bag.shop-pro.jp/ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天空の湖ウユニ塩湖-2

2011-02-17 14:28:35 | 旅行

人気の塩のホテルに2泊。床も壁もベッドもみんな塩でできています。(壁をなめてみたら塩辛かったとメンバーの誰かさんが言っていました)

一日目はシャワーからはお湯が出ないし、高山病と風邪でうなされ憧れのホテルを楽しむ余裕はありませんでした。

 

でも、翌日に行った天空の湖ウユニ塩湖は想像以上の迫力で、どんな困難を排してでも来てよかったと感動しました。それにしても高度3800mがこんなにつらく苦しいのは初めてでした。

鏡のような世界は雨期のこの時期にしか見られないし、こんな遠方にはもう来られないと思うといつまでもここを離れたくない思いでいっぱいになりました。

 

 

 

手作りバッグのお店です http://bag.shop-pro.jp/ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天空の湖ウユニ塩湖

2011-02-15 17:14:18 | 旅行

2月1日、成田空港集合に合わせ伊丹空港を出発しました。

成田空港では今回の旅行の数々のトラブルを予感させる出来事が・・・・

最初の中継地ダラス空港が雪で閉鎖かとの情報が。何とかダラスについたものの私の入国手続きがうまくいかず別室送り。

何とかクリアしてダラスから次の中継地マイアミ向けの航空機に乗り込んだものの、マイアミ空港が混雑していて離陸1時間待ち。予定ではマイアミからボリビアのラパスに乗り換えだが間に合わずマイアミ泊となってしまい、翌日の便もキャンセル待ち状態なのでペルー経由に変更になった。

高度順応を兼ねて2800mのスクレで2泊の予定が変更されたため、2月4日いきなり3700mのラパスだ。

今回ほどトラブルの多い旅はなく、何とスーツケースが来ない。高山病に備えて病院で薬もいただいてスーツケースに詰めた。風邪を引いた。やはり薬はスーツケースの中。風邪の上に高山病で眠れない、頭が痛い・・・最悪・・・

でも同行の皆さんがマスク、テッシュペーパー、カイロ、日本食などをくださるし、ツアーリーダーが下着などを買いにつれだしてくださり、不自由ながらも人の温かさに触れた旅でした。

ウユニに向かう道中、ドライバーが大声でルビアと指差す方向を見ると大地を覆うほどの雨だ。稲光も激しく大自然の驚異を感じずにはいられない。

人気の塩のホテルに2泊。翌日は雨もやみいよいよウユニ塩湖へ!

資料などで見ていたより素晴らしい景色にただただ圧倒されつづけた。360℃見渡す限り天と地の境がないような不思議な世界が続く。青い空、白い雲が塩湖に映り込み鏡のような世界が展開されている。

 

手作りバッグのお店です http://bag.shop-pro.jp/ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加