マクロ経済そして自然環境

経済的諸問題及び自然環境問題に感想、意見を書く事です。基本はどうしたら住みやすくなるかです。皆さんのご意見歓迎です。

白紙領収書が認められるなら何でもできるでしょ。

2016-10-08 12:14:54 | Weblog

 共産党が国会で自民党議員 稲田防衛相、菅義偉官房長官等が自分の政治資金に白紙領収書を計上していたという事が問題になっている。菅義偉官房長官の分を新聞で見ると10万円とかの記載がある。彼らの言い分では″政治資金パーテイ―で金額を書いてもらっていると受付が混乱するから″だという。そんな事は受付の体制を改善すればいいだけで誰が見てもいいわけでしかない。

 

これは常識的に考えて10万円と書いて実際は5万円しか払わなければ、たちまち5万円の裏金が発生し、100枚書けば500万であり、その使途は闇の中である。(あかはたの報道による元自民という人の話では2万円が相場ではないかと言っているが)

 

これは全く大問題であり、こんなことをやっていて何ら政治責任を問われないなら政治家は違法行為はフリーパスである。これが逆に共産党がやっていたら今頃、産経読売は当然、NHKあたりでも大騒ぎであろう。安倍氏とかは口角泡を飛ばして責め立てるであろうことは火を見るより明らかだ。″二重国籍″も蓮舫氏の場合は大騒ぎし、他方、自民のなかにも二重国籍者がいたことがそのあと判明したが、ほとんどニュースにもならない。

 

結論としてこの国のマスコミは産経、読売、NHK筆頭に腐っているという事だ。近隣某国が何かやると軽蔑そのものであるが我が国にしたって殆ど差がないのでなないかと言うのが筆者の考えである。今からでも遅くない、マスコミは徹底的に追求すべきである。およそ権力に弱いマスコミ程世間で役に立たない物はないであろう。恥ずかしいと思うならやるべきであろう。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスコミに叩かれない虚言癖首相 | トップ | ジュバ(南スーダン)では戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。