杉山てつやでGO

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

義務は負わない

2017-07-01 10:25:06 | 日記
名言「銀行の運営なんてものは銀行の信用によって勝者になるか、そうでなければ融資する価値がない銀行であると判定されたことで失敗するかの二つしかない」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
1995年に公布された保険業法の定めに従い、保険を取り扱う企業は生命保険会社もしくは損害保険会社に2つに分かれることになった。2つの会社とも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社を除いて設立できないのである。
1995年に全面改正された保険業法の定めに基づいて、保険を販売する会社は生保を扱う生命保険会社もしくは損保を扱う損害保険会社の2つに分かれ、いずれの場合も内閣総理大臣からの免許を受けた会社でないと販売できないきまり。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、大蔵省の金融部局である銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を分離することで、旧総理府の内部部局ではなく新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として金融監督庁なるものができあがったという歴史がある。
英語のバンクはもともと机やベンチを意味するbancoというイタリア語に由来である。ヨーロッパで最も古い銀行にはびっくり。西暦1400年頃に現在のイタリア北部のジェノヴァで設立され、政治的にも大きな影響があったサン・ジョルジョ銀行といわれている。
であるから「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」以上、3機能のことを銀行の3大機能と言い、これらは基本業務である「預金」「融資(貸付)」「為替」加えてその銀行自身の信用によってこそ実現できているものなのだ。
いわゆる外貨両替とは、たとえば海外旅行だとか外貨が手元になければいけない人が活用されている。最近は円に対して不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
ということは「重大な違反」になるかそうでないかは、金融庁が判定するもの。大部分の場合、わずかな違反が多くあり、その関係で、「重大な違反」認定されてしまうことになる。
間違えやすいけれど、株式について。社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、その株の企業は購入した株主について返済しなければならないという義務は発生しないのである。またさらに、株式の換金方法は売却のみである。
【重要】株式についての基礎。社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、株式に記載されている企業には自社の株式を持つ株主に対しては出資金等の返済しなければならないという義務は負わないのです。最後に、株式は市場価格での売却によって換金するものである。
結局、「重大な違反」になるかならないかは、金融庁において判断するものである。大方の場合、微々たる違反がたぶんにあり、その作用で、「重大な違反」判定するもの。
ですから安定的であり、バイタリティーにあふれたこれまでにない金融に関するシステムの実現のためには、銀行や証券会社などの民間金融機関とともに行政がお互いが持つ解決するべき課題にどんどん取り組んでいかなければ。
このように日本の金融市場等での競争力を強化する為に行われる緩和のほか、金融システムのますますの質的向上の実現を目指す活動等をすすめる等、市場と規制環境に関する整備がすでに進められているのであります。
知らないわけにはいかない、ロイズとは?⇒ロンドン中心部のシティ(金融街)の世界的に著名な保険市場です。イギリスの制定法による法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)やシンジケートを会員としている保険組合そのものを指す場合もある。
よく聞くコトバ、デリバティブとは?⇒伝統的な従来からの金融取引に加え実物商品や債権取引の相場変動で生まれる危険性をかいくぐるために発明された金融商品の呼び方であって、とくに金融派生商品といわれることもある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売買してもよい | トップ | 一種業者とは »

日記」カテゴリの最新記事