昼下がりの小事

余生をボケない程度にのんびりと

相模の国を訪ねる

2017-06-20 12:32:09 | 旅行

先日、妻、長男夫婦と長男の運転で相模原市内の観光に出かけました。国道16号を走り、11時半頃 JAXAの相模原キャンパスに到着。ここは1989年4月に開設され、太陽活動や月・惑星、ブラックホール、銀河の成り立ちなど、宇宙に関する様々な謎を研究しているそうです。

「宇宙科学研究所」と書かれている正門を通ると、左側に受付、その反対側に駐車場、そこに車を停め、受付を済ませて直進、突き当りが研究・管理棟です。入って直ぐ左手のエリアが展示室です。

宇宙の探査機など色々沢山のものが展示されていましたが、チョット興味をそそられたのが、はやぶさにも使われていた”マイクロ波放電式イオンエンジン”。作動原理はマイクロ波を使ってプラズマを作り、イオン化したキセノンガスを強力な電場で加速、高速で噴射させることによって推進力を得る。燃料を燃焼させるエンジンと比べると、推進力は小さいが燃費が非常によく、長時間加速し続けることができるとのことです。

上の写真はイオンエンジンとそれを搭載したはやぶさの模型です。

一通り見た後、4種類のスタンプラリーがあるのに気付き、私達夫婦は2013.03.07発行のものを使ってスタンプを押し回りました。3色のインクでカラフルなシートが出来上がりました。下の写真がそうです。

他の3種類は息子夫婦がお土産にと私達に作ってくれました。同じ時間で3枚、若い人は速い。

次に屋外のロケットを見ようと外に出ました。通路の両側に実機模型のM-Vロケットと原寸模型のM-3S11ロケットが置かれていました。写真の通りなかなか大きなものでした。

その後、食事をするつもりでしたが、休日のため食堂は開いておりませんでした。残念。12時10分頃、JAXAを後に、津久井湖に向かいました。16号は渋滞気味です。50分位走り、目的の湖が見えてきました。先ずは腹ごしらえ。「湖の見えるイタリアンレストラン」、ナビに従い細い路地に入りかかりましたが、予約客で満席、フリーでは入れませんでした。又もや残念。少し通り過ぎていましたが、ファミレスのガストがあったので、Uターン。ここには入れました。ハワイアンフェア中で、夫々好きなものを注文。私はハワイアン??チキンにしました。レモンと塩味、美味しく頂きました。

食事後、14時過ぎにガストを出て、また少し戻り津久井城への登り口で、駐車場とお土産屋さんのあるところで下車。駐車場の南側が津久井城、北側が津久井湖です。

津久井城は、鎌倉時代初期に三浦一族の築井太郎次郎義胤により築かれたと云われている。戦国時代(1525年頃)、「根小屋式山城」として整備され、北条氏の家臣内藤氏が治めていた。この地域は武田氏との勢力圏の境目であったため、重要な城であったが、天正十八年(1590)に秀吉の小田原攻めの際、徳川勢の攻撃により、6月25日開城した。遺構は、山頂部の本城曲輪(標高375m)を中心に曲輪、堀切、竪堀などの跡が残っているそうです。 

家内の足の具合が良くないので、津久井城には登るのは止めました。お土産屋さんで買物をした後、更に車で数分戻ると、城山ダムです。水量が少な目で放流はしていませんでした。

最後の写真は城山ダム側から見た津久井湖です。

本日の観光はここまで。息子達に相模大野駅まで送って貰い、帰路。梅雨に入っていますが、爽やかな日和の一日でした。

 

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中山道・深谷宿から本庄宿へ | トップ | 東尋坊付近を歩く »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい処です (ジローくん)
2017-06-20 16:29:57
勤めていた会社が相模原市に工場があり相模大野駅から行っていました。
JAXAは行きたいと思いつつとうとう行けませんでした。
津久井湖や城山ダムはハイキングクラブで一度訪れました。
次のアップを楽しみにしています。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事