tettra

虎穴    head game

  九
                            

連携 (松果体・他)

2017-08-09 16:19:32 | 雑記
困った

松果体の働きを知りたくて調べていたら、脳下垂体や視床下部、眼の光受容細胞等々どんどん増えてキリがない

脳の連携プレー
精緻、精巧な仕組み
しかも全自動

アプカルの松ぼっくりと真実の樹ってのは何だろう?が始まりだった訳だが、これを考える前に、眼と身体、脳の働きを理解しときなさいってことですかね


ひとつ、面白い事が解った
松果体のホルモン、メラトニンと脳内各部で産生されるセロトニン

メラトニンはセロトニンのリサイクル品だった
知らなかったぁ

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られるホルモンで不安、恐怖、イライラなどを抑えて精神を穏やかに安定させる働きを持っている

幸せホルモンなんて呼ばれているようだ

昼間明るい時は脳内各部がセロトニンを作る

覚醒作用があって、頭すっきり、元気に楽しくやろか、のお膳立てしている


夜暗くなると、セロトニンを原料にしてメラトニンを作る

睡眠薬みたいな働きがある
今日も1日楽しかった!おやすみなさい♪

こういう理想的な生活リズムを、眼から送られてくる光受容体の情報を元にして脳下垂体や視床下部が連携して調整している

メラニン、メラノプシン
光感受性の色素が重要な役割を持っている
光の有る無しが精神に結構な影響がある
ますます、メラノサイト何者?
光当たらんところに何故居るの?

知りたいんだけどねぇ

光受容性網膜神経節細胞、メラノプシン持っている、第3の目
青い光に反応する

新手が増えちゃったじゃないか!(笑)
コツコツやるか



調べていて気になった事がある

セロトニンの原料はトリプトファンという必須アミノ酸

輸送体というもので脳内に運ばれる

他のアミノ酸も同じ輸送体で運ばれる

最近は高タンパク低糖質がおすすめ情報のようだが、タンパク質がたくさんあると、輸送体の都合上、順番待ちになる

佐川急便やクロネコヤマトが荷物多すぎて、運びきれなーい!のと同じ状況になっちゃう

トリプトファンが十分あっても脳内に運ばれなければセロトニンは作れない

セロトニンがないとメラトニンも作れない

情緒不安定でよく眠れない状態になるのでは?

肉少なめ、腹八分目が良いとはこれが理由かと思った次第だ

自分は魚肉、鳥はたまに食べるが他は食べない
別段宗教的信条というわけではない
何年も金無さすぎて買えずにいたら

「食わなくても生きてんなぁ、要らなくね?」

節約に最適化した身体になっちゃっただけだ(笑)


アプカルの松ぼっくりにはまだまだたどり着けないな
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どっちつかず | トップ | 信州上田藩士の赤松小三郎 »