tettra

           
 


Novem 九                            

2017-06-18 12:13:52 | 雑記


以前、八の隅について書いた

円を一捻りして2つの円に見せかける

交差したところが八の隅

これを三次元立体構造で考える

交点を中心に全方向に回転運動をしていると、その軌跡の形は2つの球体が並んでいるように見えるだろう

分子も駆けずり回る電子の姿は、電子雲と呼ばれる

残像のようなものなのかな

不可解なのは交点だが、空をふらふらしている誰かが知ってるだろう

気が向いたら聴かせてくれるかも

幻影


だが今はこの世界の住人

考えてみれば、自分自身が霊半分、身体半分の霊界と物質界の交点のような存在だ

自分自身が隅だったりしてw

画像は、ベランダで咲いてるネジ花

モジズリとも言うらしい

右回りと左回りと両方ある
紀元前中近東に吹き飛ばされて、なかなか日月に戻れないんだけど、この花を見ていたら書いておきたくなった


種が落ちて、年々株が増えて行く

最初は一つだった

見れば見るほど変な花

どっち回りに咲くのか、どうやって決めてんだろ?
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘリ | トップ | 17/06/19 »