あの町この街あるこうよ

歴史散策まち歩きの記録
たまに丹沢・大倉尾根を登る

カルガモの雛が11羽泳ぐ

2017-05-17 15:23:13 | 散策
黒い産毛のカルガモの雛が11羽群れて親と泳いでいた。



残念ながらスマホの画像なので細かには判断出来ぬが、産毛がけば立っているので今日生まれた思われる。
どこかの川でカルガモの雛が生まれたニュースが最近流れていたので、雛の誕生は気にして歩いていた。昨日の夕刻は気配がなかったし、産毛の毛立ちから素人目でも生まれてそんなに時間はたっていないのでと思った。



観衆が増えたことに気づいて、早々と葦の陰に隠れてしまった。多くの雛がすくすくと育ってもらいたい。
それは、横浜市瀬谷区を水源とし、泉区で境川に流れ込む和泉川の出来事である。

カルガモについて調べると、
『主に本州以南に周年生息(留鳥)する。和名は「軽の池」(奈良県橿原市大軽周辺とする説もあり)で夏季も含めて見られたカモであったことに由来すると考えられている。』
とのことで、また、都市部のカルガモの多くがアヒルとの雑種であり、人を恐れていたはずのカルガモも人を恐れない行動をとるようになっていった。そこで、遺伝子形成からは、見た目はカルガモで、性格はアヒルに近いものと分析されているようだ。

確認した日:2017.5.17 12:30
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怨霊の雷鳴が鳴り響いた雷神... | トップ | 神田川おしまいの橋(柳橋)界... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散策」カテゴリの最新記事