紙屋さんブログ

土佐の自然を愛する親父です。

津野町の家の上は、九州や沖縄・・・東南アジア行きの航空機が多く飛ぶ航路

2017年01月04日 12時10分02秒 | 日記
 今朝は全面に霜が降り、氷も張りました・・・-5度と冷え込んだのです。 無風快晴です。 今日はかみさんを連れて、高知市の日航ホテルで新年の一泊です。 正月3が日明けだと平常料金なので、JALのマイレージクーポン券を使います。
 次いでに友人宅を訪問するつもり。 写真は、台湾帰りの昨日の土佐湾上空の写真で、いでんやさんから拝借しました(右方向の”九の字”で白いのは石鎚山系からの「仁淀川」)。 津野町の家の上は、九州や沖縄・・・東南アジア行きの航空機が多く飛ぶのです,これは帰り便ですね。
 パソコンは置いて行きますから4日の更新は、午前中です。

 安心したのか?株価は大商いですね・・・NY株、大幅反発119ドル高・円安一時118円60銭・・・これを引き継いだ「大発会」の東京株が、大幅高。 円安で序盤は+250円超、1万9400円に迫り、10時には@+340円(19,450円・@119円)・・・を上回り,前場終値は何と500円台突破・・・19,529円、+415.円でした。

  “福娘に福多し”です・・・「福娘選考会の戦い」(全国区:満18~23歳の未婚女性)が有りました・・・正月の3日です。53年。戦後大阪ミナミで芸妓がかごに担がれて商店街を練り歩く十日えびすの「ほえかご行列」が縮小し始めたのを受け・・・「神社で選んだ福娘」を行列に加えたのが53年だそうです。
 福娘の知名度は関西では抜群・・・肩書に「福娘があると箔がつく」そうで、色んな選考会の審査でも第一次関門は優先通過だそうです。
(12月3日、今宮戎神社(大阪市)の福娘選考会/2908人の応募者から選ばれる「50人の福娘」・・・内4名が代表)

 私も東京にゆく度何回も土産に買ったのですが、ビックリしましたが違っていましたです・・・「あんぱん」の老舗(維新後の文明開化とあんぱん)・・・総本店「木村屋」(銀座4丁目)とは別物でした・・・パン・洋和菓子製造販売業の「木村屋」(福岡県久留米市)が来年1月31日で事業を終了すると発表しました。(事業はフランソア(福岡県)が継承)
 パンなどの製造を終了し、久留米市内などの直売店は閉店です。 同社によると、日本で最初にあんパンを作った「木村屋総本店」(明治二年(木村安兵衛・茨城創業)・・・八年に山岡鉄舟の紹介で明治天皇に献上)の「のれん分け」で、1926年(大正15年)に創業です。(萩尾芳雄創業。東京都の木村屋總本店より正式屋号の称号をもらった)

 高知県の全ての河川の水は「飲めます」よ・・・(工場排水が無いのも悲しかったり、嬉しかったり) 水質の「BOD」は、家庭のし尿や工場排水などの有機物を微生物が分解するのに必要な酸素量で、数値が高いほど水が汚れていることを示し、「浄水操作」での「水道水基準」は、「2ミリグラム以下」の定めがあります。(1リットル当たり10ミリグラムを超えるとガスや悪臭が発生)
 
 高知県内のBOD調査は1971年度から「土佐湾東部」「物部川」「須崎湾」「四万十川」「宿毛湾」など11水域で始まっています。・・・「計42河川」の最大55地点で年間4~24回採水し・・・この3年間では、2ミリグラムを超えた調査地点はほぼなく、かつて「腐敗水」と化した高知市の浦戸湾への流入河川「鏡川」や、製紙の有る「いの町・土佐市」の「仁淀川水域」も、通常の浄化で飲める「きれいな水」にまで再生し・・・高知市中心部を流れる鏡川でも1ミリグラム以下だそうです。  高知県下での「汚水処理」設置・普及率は1980年の30%台から、2014年度の75%迄進んでいます。(この町で百姓達は水洗でないトイレを「だるま」?と云っています・・・だるま肥やしです。都会育ちの孫達は「落ちる」のを恐がるので,殆どが水洗にしています)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「高齢者事故」は、“実際には... | トップ | ひどい混雑!しかも酔っぱら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む