紙屋さんブログ

土佐の自然を愛する親父です。

初カツオ・一本釣りのカツオ約4・5トンが水揚げされました

2017年03月20日 16時51分06秒 | 日記
  今朝は1度でしたが、日中のグランドゴルフではチョッキも、セーターも不要の暑い日でした。 乾燥注意法が出っぱなしでグランドもカラカラの土煙が上がる状態、球足が速いので皆さん大タタキ!です。
 今夜から明日に掛けて久しぶりの雨予報なんで11時に家に帰って直ぐ、しもの畑に肥料を入れに行き13時前に帰って来ました。(待ち続けているのです)
 自宅から北向きの道路の家の96歳の方が亡くなったらしい。 かみさんがご近所に誘われて「見舞いと称して」自宅に帰って来た方の「死に顔」を見に行きました…良い気持ちじゃー無いのに変な風習ですね。・・・これで、半年に4人目です。(家の近くには、高齢のいつ?何時と云う見舞い予備軍の方が後3人も居ますが・・・) 写真は、金沢の醤油蔵の中で一番の古い歴史(360年前)「直江屋源兵衛」の醤油です、重いので宅急便にしました。(未だ封を切っていません)

 春の訪れです・・・四万十市具同のトンボ自然公園では、全長2センチほどのニホンアカガエルのオタマジャクシが活発に泳ぎ回り、春の気配を感じさせる光景だそうですが・・・こちらは、高知県中土佐町の「久礼新港」。 久礼漁協魚市場に3月17日早朝、やっと大漁です、初カツオ・一本釣りのカツオ約4・5トンが水揚げされました。2月下旬から始まった今季の漁では最多だったそうです。 初ガツオのシーズン到来に、漁師町が活気づいています。

 久礼漁協によると、魚体は「1・5~2kg」が中心で、いずれも久礼漁協所属の小型一本釣り漁船「繁丸」「飛翔丸」「隆幸丸」の3隻が足摺沖や宮崎沖で釣り上げた初カツオでした・・・やっと初カツオが来てくれましたね。

 こちらは寒ブリです、先日は、須崎で寒ブリが獲れ過ぎ、値段が半値以下だったのですが・・・今度は、高知県室戸市で19日、沖合に仕掛けた定置網に多くの寒ブリがかかり、定置網には19日、体長1メートルほどの多くの寒ブリがおよそ3000本水揚げされたそうです。 でも、室戸は関西に近いので大阪や、東京にも運んだらしいです。

 北陸の「高級魚」です、金目鯛です。 養殖するようですね・・・当初は孵化(ふか)からの半年生存率が「1%未満」だったが、成長に合わせて天然成魚がすんでいる水温より高めに設定したり、照明を24時間つけっ放しにしたりするなど試行錯誤して「20%」程度まで高められました。

 高知県須崎市のキャラクター「しんじょう君」が、ハワイで開かれた「ホノルルフェスティバル」に初めて参加し、須崎市の特産物や観光情報を発信しました。大通りでのパレードも体験したしんじょう君は「めっちゃ高知県PRしてきたよー☆めっちゃ喜んでもらえたよー」とコメントしています。

 「ホノルルフェスティバル」では日本各地の祭りや伝統芸能などを紹介する文化交流イベントで、2017年は現地時間の10~12日に開かれた。しんじょう君は2016年の「ゆるキャラグランプリ」優勝を機に招かれた。(須崎市が会場に構えたブースでは、葉ニンニクの「ぬた」(葉っぱニンニクを摺りおろし、白みその酢のタレで脂の多いブリの刺身を食う)や、からすみ、木工製品など地元産品が・・・残念ですね、特徴の有る産品が無いのです)

 TV見てて思いました…此の背の小さなおっさん「浜渦武生氏」(69・元副知事)の「嫁さん」は悲劇の人生を,一度しかない人生を送らされた人ですね・・・と。 とても、人間じゃー無いです!(彼は豪腕?と云われた人でこの嫁さんの主人ですが、口角泡を飛ばし、舞台で見栄を切る異星人だったのですね)
 19日、東京都議会の百条委員会・・・築地市場の豊洲への移転を巡り、東京ガスとの交渉のキーマンとされた元都副知事、浜渦武生氏(69)が証言に立ったのです。・・・最後には「都が私を迷惑がっていた」と証言したほどですから悲惨です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑くって、かみの西森商店(... | トップ | 明日の私は、ボランテイア団... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む