モノトーンでのときめき

ときめかなくなって久しいことに気づいた私は、ときめきの探検を始める。

豚肉&パイナップルの甘酸っぱいソテー

2007-10-24 07:18:32 | 男の料理

酢豚風の甘酸っぱい豚肉のソテーが食べたい。
単に甘酸っぱいだけでなく、
パイナップルそのものが入っていた方が旨そうだ。

パイナップルは、しょうゆとのマッチングがよく
黒酢を使うよりも、酢・しょうゆ・パイナップルで創る味が
豚肉に合いそうだ。

ということで、
さっそく作ってみました。



難しいところは何もなく、
下味のカレー粉が隠し味になっており、
片栗粉をまぶすことにより、旨みを封じ込め、
大量の油を使い揚げることもなく、少量の油でカリッとソテー。

このカリッとしたソテーに、たまねぎ・ピーマンとパイナップルを炒め
味をとるタレを加えたものをかけあわせる。
ケチャップが、酢・パイナップルのすっぱい系にコクをつけたみたいで、
期待通りの甘酸っぱい豚肉とパイナップルのソテーが出来上がりました。
付け合せは、前日に大量に作ったポテトサラダ。
消費が進まずまだ1/3が残っています。

豚肉を買いすぎたので、
同じように塩・こしょう・カレー粉などで下味を取り、
1昼夜寝かせた豚肉をソテーし、
大根おろしで食べましたが、

これはさっぱりした和食の一品になりました。

<材 料>(5人分)
豚肉            100g程度×5枚
たまねぎ          1個
ピーマン          5個
パイナップル        1/2(輪切りの場合は5個)
[豚肉の下味]
塩             少々
こしょう          少々
カレー粉          少々
片栗粉           大さじ4~5
[味付けのタレ]
酢(黒酢)          大さじ6
砂糖            大さじ4
酒             大さじ1
しょうゆ          大さじ1
しょうが          すりおろし少々
ケチャップ         大さじ1
水溶き片栗粉        大さじ1(適量の水で溶く)

<作りかた>
1.豚肉は塩・こしょう・カレー粉をそれぞれにふり10分寝かせる。
2.たまねぎ、ピーマンをザクッと切る。パイナップルも一口大に切る。
3.酢・砂糖・酒・しょうゆをカップに入れ、しょうがのすりおろし及びケチャップで
味付けのタレを作っておく。
4.下味の付いた豚肉に片栗粉をまぶし、余分な片栗粉を取り、熱したフライパンに並べる。
5.上蓋をかけ片面がカリッと焼けるまで中火で焼く。両面が焼きあがったらフライパンから取り出しておく。
6.たまねぎ・ピーマンを炒めたら、豚肉を戻し、パイナップルを加える。
7.パイナップルに火が通ったら、味付けのタレを加える。
8.最後に、水溶き片栗粉を加え、とろみが付いたら出来上がり。


『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕方からのつぼみが美しい ... | トップ | 紅色の赤、パイナップルセー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ヤーコン レシピ (ヤーコンの栽培方法、料理の仕方、食べ方教えます。)
ヤーコンの芋ソテー料理方法 ヤーコン芋はよく洗って土を落とし、皮むき器などで皮をむき、酢水につけます。 ヤーコン芋をマッチ棒ほどの大きさの拍子木切りにし、再び酢水につけたあと、水気をきります。 フライパンを熱して、バター(10g)を溶かし、ヤーコンを強火...