あがり症克服

オールオッケー!

あがり症の僕がどうやって学校生活の切り抜けたか

2017-06-22 20:33:03 | 日記
僕の席がえの思い出。

あがり症真っ盛りの高校生の時僕は目が悪いふりをして、なるべく前から1番目か2番目の席にしてもらうようにしていました。

そうすると国語や英語の音読を当てられたときに、ぼそぼそごまかして読んでも大丈夫だったのです。

僕のあがりの特徴としては声がうわずり、赤面し、最終的には手も震えるので教科書を机において読む作戦で切り抜けていました。

それが後ろの席になってしまうと、通常の作業+大きい声で読まなくてはならなくなるのでもう発表自体が成り立ちません。苦笑

最後のあたりなんか、泣いてないのに『泣いてるのか?』と先生に言われるくらい声がやばいことになっていました。

中学生の時は本気で近眼だったので普通に1番前の席だったのですが、視力回復の教室と教材を利用していたので0.1から0.7まで近視は回復していたのに、目の悪いふりをしていました。

視力回復の教室は、大阪へ通っていました。
教材は父が出張先で買ってきたものでした。茨城の視力回復

僕は数回だけ心療内科でもらった内服薬を音読の前に使ったことがありますが、あまり効果は感じられず薬も怖いなと言うことで数回の使用で終わりました。

人によって何が効くかは本当に様々ですね。利きすぎるのも依存症になりそうで怖いし…

それにしても音読を開ける先生が僕は本当に嫌いでした。出席番号と名前の順で当たりそうな日は仮病使って休んだりする位でした。

重症ですよねこれぐらい酷い子なんて今いるんでしょうか。いるとすればきっと1人でしんどい思いをしてるのかなあと想像できます。

大人になったら余裕が生まれますよって伝えたい。

それまで失敗をくりかえしてもいいんじゃないかと僕は思います

失敗しちゃだめって自分をおさえつけるから余計苦しくなるだけなんでね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あがり症と家庭環境 | トップ | あがり症の英会話体験 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。