tetsuとhirokoの気まま旅

自作キャンピングカーでの日本一周を目指す旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小豆島

2017-06-29 22:07:27 | 旅行
朝 8:02 のフェリーで、小豆島に渡る。
朝からスマホの電源が入らず、青くなった。
1時間後、小豆島土庄(とのしょう)に着く。
ドコモショップはまだ開いて無い為、道の駅・大坂城残石記念公園に行く。

小豆島の山の岩石は、大阪城はじめ、いろいろな有名建造物の、石垣や基礎になる部分や、その他の部位に多く使われている。
大きな岩盤から取り出す、石の割り方、切り出し方、石を割る道具や船での輸送方法が展示、説明されている。
その時代の力強さに、緻密さに、賢さに、忍耐力に感動してしまう。
(スマホが無い為、写真が無くて残念)

10時を過ぎ、ドコモショップに駆け込む。
点検して貰った結果、スマホに問題は無いことがわかる。2つある充電器に問題がありそう。充電器を購入。
ホッとした。

残りの道の駅・小豆島ふるさと村、小豆島オリーブ公園を回り、二十四の瞳映画村へと走る。

二十四の瞳映画村
私が子供の頃の映画だ。大石先生と12人の児童の物語。
最近では 8日目の蝉 が、この島で撮影されている。
他にも何作かあるが、見てない。
木下恵介は静岡出身、とのことだが彼の作った作品が年表になっていたり、キネマということで、裕次郎の作品や、往年のスターの若かりし頃のブロマイドが展示されていて、なつかしい。

テツオくんが、昔の給食があるよ、と注文。揚げパンとカレーシチューとビンの牛乳、そして、冷凍みかんがついている。ふーん👧👨👩👦😋

そして、放映されている二十四の瞳を、最初から最後までほぼ二時間半、見てしまった。半分は忘れていたが、感動と共に、こんなに長かったっけ?と思ってしまった。

小豆島は醤油と素麺の島でもあり、立派な醤油工場があり、保存物となっている。町が醤油の匂いがする。

映画村からの帰り道、見覚えのあるユースホステルと道の駅・オリーブ公園(stampの時、見た記憶があった)、4,5年前に姉妹四人で♨に入ったサン・オリーブだった。
(ユースホステルのお風呂には入らなかった、と言ったら、テツオくんが、この♨に入ったんじゃないの?と。)
なつかしく、湯船に浸かりながら、目の前の海にしばし見とれる。

車中泊は道の駅・ふるさと村。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琴平さん 瀬戸大橋 | トップ | 道の駅・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。