tetsuとhirokoの気まま旅

自作キャンピングカーでの日本一周を目指す旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平山郁夫美術館

2017-06-28 08:17:11 | 旅行
尾道から愛媛へかけてのしまなみ海道ハイウェイ、私は初めて走る。
因島・生口島・大三島・伯方島・大島を経て愛媛の今治に着く。

平山郁夫美術館。
しまなみ海道の途中、生口島にある。
平山さんがここの出身。
テツオくんが、是非見学したかった、と云う平山郁夫の作品。
広島での被爆者という彼は、後遺症に苦しみながらも、法典を求めて幾多の困難に臆せず、旅した三蔵法師に心引かれ、シルクロードを何回も訪れて、地域の人物像、砂漠を遊牧するらくだやひつじ、そして遊牧民の絵を数知れず描いている。それと共に故郷の画や、子供の頃から描いてた作品も展示。シルクロードや他の世界遺産の守り人でもある。 魅せられてしまった。

因島と生口島は広島。
大三島からが愛媛県となる。
大三島・伯方島・大島のそれぞれに道の駅が1つずつあり、高速をその度に降りてstamp。
来島海峡展望台から、しまなみ海道を臨んでも今日は生憎の露空、☔がかなり降って、霧でボヤけている。

今治に着き、高速を走り、道の駅2ヶ所stampして、イオンで買い物。

更に高速を走り、スピードは出さなかったが、かなり走ったので愛媛は抜けた、と思ったら愛媛の山の中の道の駅で、雨の中、それも木立の中に橋が架かり、それを渡る、と道の駅の♨。
とても神秘的な道の駅・霧の森。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四国に向けて go! | トップ | 琴平さん 瀬戸大橋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事