tetsuとhirokoの気まま旅

自作キャンピングカーでの日本一周を目指す旅

十津川村・熊野古道

2017-07-14 21:52:25 | 旅行
道の駅・十津川村
朝からどしゃぶり、☔の為、山も霧❗
十津川村への道は、奥深い山とぐっと深ーく眼下に見える青緑色の川沿いを進む。……十津川村は♨の村だ。
険しい山と、霧と川の♨の湯気?、なんとも魅力的な風景だ。
道の駅のstampを押し、テツオくんが、道の駅本で見つけてくれた、吊り橋を歩いてみる。

十津川に掛かる谷瀬の吊り橋。
☔降る中で、ちょっと滑りそうで怖かったが、ここはなかなかの所。
生活用の橋として使われていて、飾りが無い所がいい。
高さ54m、長さが297m 結構長い。
十津川の水の色は、緑濁色でもちょっと違う。黄緑を白濁というよりも、緑+白濁で、とてもきれい。

十津川の道の駅に戻り、足湯に入る。
どしゃ降りの☔の中、熱めの湯がとても気持ちいい💧😃♨。

道の駅・熊野古道ほんぐう
紀伊山地(和歌山・三重・奈良にまたがる、"吉野・大峯"、"熊野三山"、"高野山")の三つの霊場と、そこに至る"大峯奥駈道"・"熊野参詣道"・"高野参詣道"などの参詣道は世界遺産。
そして周囲を取り巻く山と川・森・滝・♨・田園など文化的景観も主役とされる。
熊野本宮大社辺りを少し見学。

途中のコインランドリーで洗濯した後、8ヶ所の道の駅を回り、全部で10ヵ所。
和歌山はみかんもさることながら、南高梅の産地でもある。
みかんも梅も、丹念に手を掛けてある気がした。
最後の道の駅・"椿はなの湯"はテツオくんが西国33ヵ所廻りをした時、♨に入り靴を間違えて履いて帰った過去がある😰😁。
[user_image 10age
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高野山・道の駅めぐり part 3 | トップ | 白浜三段壁・千畳敷、とれと... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (次男)
2017-07-16 21:49:34
だいぶ暑くなって来たけど、バテたりしてない?
東京は今年一番の暑さになったみたい。
旅も終盤戦だと思うけど、体調に気をつけて!

ところで、十津川村は十津川警部と何か関係有るのだろうか。
Unknown (長男)
2017-07-17 14:15:10
西は雨大丈夫か?
多分関東はいると地獄の暑さを感じると思うから注意を。

俺も十津川警部を真っ先に連想したわ。
Re:Unknown (tetsuhiroko)
2017-07-17 16:13:20
私もすぐに、渡瀬恒彦の十津川警部を思いました❗
 (Issy- baba)
2017-07-23 10:26:38
靴は、良いのになったの❓気になる😍

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。