tetsuとhirokoの気まま旅

自作キャンピングカーでの日本一周を目指す旅

再度サンドミュージアム、足立美術館

2017-06-16 13:10:30 | 旅行
仁摩サンドミュージアム(島根県・大田市)
世界最大の一年計砂時計(砂暦……すなごよみ)、よくぞこんなものを思いつき、実現までこぎつけた。
「ふるさと創成」の理念の基に、仁摩町民や多くの関係者の情熱とロマンが原動力で、平成3年3月3日オープン。
砂 0.106mm が1t 。
ちょうど365日をかけて落下する。
館内には日本各地の砂、世界各地の砂が展示。落下する砂を利用した芸術作品・鳴り砂・砂時計も展示。
ちょっとした体験コーナーもある。
私の後ろにある砂時計が、上に取り付けられている物と同じ大きさの見本。

足立美術館(島根県安来市)
昨年だったか、📺❇で見て機会があったら行ってみたい、と思ってた。
まず、駐車場の広さがすごい(ハウステンボスには及ばないが)。
テツオは興味ない、と行かなかった。
¥2,300 は厳しいので、良かった😅。
庭園!なるほどスバラシイ。考え抜いて、計算しつくされての、この庭だろう。
創設者・足立全康(地元出身の実業家)の「庭園もまた一幅の絵である」、広さ 50,000坪の日本庭園。苔庭、枯山水庭、白砂青松庭、そして館内の窓を額に見立てた生の額絵、床の間の壁をくりぬいて、あたかも一幅の山水画に見せた庭(足立美術館の名物の一つ)等、そして彼は横山大観のコレクターで、約120点を所有し、常時20点前後を展示している。私はよく知らないが、竹内栖鳳、川合玉堂他、近代日本画壇の巨匠の作品1500点所蔵の内、四季に合わせて、これらの作品も展示替えされる。他に魯山人・河井寛次郎(知らない)の陶芸作品、童画・漆芸・木彫など展示されていて、二時間ではゆっくり見ることが出来なかった。
近くのしらさぎ♨に入り、最寄りの道の駅・広瀬富田城で車中泊。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石見銀山、三瓶山 | トップ | 道の駅行ったり来たり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。