あがり症アサコのつぶやき

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

あがり症って皆さん病院に行くもの?

2017-04-29 12:25:17 | 日記

重度のあがり症って皆さん病院に行くものなんですか?


これまでのブログにつづってきたとおり、私は手の震え、声の震え、赤面症の3重苦だったんですが、
私は結局、金銭面で病院に通う勇気はなく、親に相談して一般のカウンセリングと言う手法をとりました。


両親にはあがり症と言うふうにも言っても理解してもらえないと思ったのでちょっと心が不安すぎて学校に行きづらいと言うような言い方をすると、父親が1回ご声援のカウンセリング料金を毎月負担してくれることになりました(^ ^)

そこはとりあえずあがり症専門ではなく、いろんな心の問題を抱えた人たちが集う場所でした。そして私のカウンセラーさんは50代の女性でとても暖かく親身に話を聞いてくれる人でした。
カウンセリングは1時間5000円とHPに記載があったのに、『言い値でいいよ』と最初に言われたのを覚えています。


当時私は高校生。人を簡単に疑うこどもでした。カウンセラーさんさえも最初はバカにしていたように思います(^^;


あがり症の問題の根っこは結局そこにあったんですね。まわりの人のことばかりをジャッジして、自分がやりたいこと・やるべきことに100%集中できていないことが原因でした。

心理学的にも出したものは自分に必ず返ってきますので、私が人を気にすればするほど、自分がなにをするにも人から見られている(ジャッジされまくっている)ように感じて、身動きがとれなくなってしまう、というスパイラルでした。


日本って礼儀正しくて和を重んじる文化が素敵であるいっぽうで、空気よまないと、周りからたたかれる感じもありますよね。
極度にそれを気にしすぎてたのかな〜なんて感じるときもあります。


まだ100%あがり症が治ったわけではありませんが、学生の時よりは格別に生きやすくなりました。

なのであがり症で悩んでる学生の人たちは、もっと気楽にかまえてほしいなあ、と思います( ´ ▽ ` )

そうそう、先日レポートした脱毛ですが、こないだ千葉に出張した際に偶然見かけました。ふなっしーで有名な船橋市にもありました。
http://www.xn--xckd4at1mva5182d95a675kj9xc.com
1階にココイチがあって、そこで食事していたら、ビルの案内板にサロンの名前があってびっくりしました。

最近、時計を見たらゾロ目だったり、会いたいと思っていた人から連絡がきたり、偶然が続いています。
シンクロニシティっていうらしいです。

何か人生の変化が起きるタイミングでしょうか?

それでは今日はこのへんで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱毛サロン2日目 アンダーヘ... | トップ | あがり症なりに、頑張ってます。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。