あがり症アサコのつぶやき

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あがり症アサコのつぶやき

2017-03-30 11:35:06 | 日記
こんにちは。


子供の頃からは極度のあがり症で授業中に先生から問題を出されて黒板に書くように言われてもできませんでした。

失敗したら友達から笑われることを恐れていたのが理由ですが、大人になっても多少よくなりましたがあまり変わりません。


すでに30代後半で結婚して子供もいますが
あがり症だといろいろ困ったことがおきています。

たとえばレストランで食事を頼むときもなかなかいくことができず主人にお願いしています。
というか、お願いしなくても主人は先に発言するんですけどね。

食事名を間違える心配からですが家族はいつものことだからとスルーしてくれます。
特に私のことを笑うことのありません。

パートで工場に勤務しているので普段は機械を相手にしているので気を遣わずに済みます。

会社では会議やグループ討議、プレゼンなど人前で話すこともあるので気が滅入ります。なるべく発言しないようにしています。

あがり症なので声が小さくなっているのかもしれませんが、何度も聞き返されることもあるので余計に嫌になってきています。


父親はすでに亡くなっていますが社会人としてよく生活していけるなといつも言われていました。

いまでも平気でしゃべる人を見るとうらやましくなりますが、どうしても緊張してしまいます。

内気な性格も災いしているのだと思いますが、自信過剰な人はそういう傾向にあるということを聞いたことがありますが、ある意味あたっているかもしれません。

失敗を恐れていることは自分の存在を無理に高めていることからきているともいえるのでなるほどなと思います。

もっと気楽に生きたいのですがなかなか難しいです。

こんな私ですが、良い点もあって、芸術の分野にかんしては褒めてもらえることが多いです。文章はまだまだ苦手ですが、絵を描いたり、陶芸をすると周りから おおっ! と驚かれることが多いです。

人に対して言語で表現するより、私にはこうしてアートで表現したほうが心が軽くて楽しいです。

自由になれた気がするんですね。

つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | あがり症の脱毛サロン体験 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。