tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

外国人観光客の増加で活況を呈する奈良県。県下各地では様ざまなイベントが行われ、美味しいお店も激増中。ぜひお訪ねください!

拾う/ひらう or ひろう

2016年10月31日 | 意見
皆さんは「拾う」をなんと読みますか?「ひらう」という人と「ひろう」という人がいると思います。ところが私のパソコンの日本語入力システム「ATOK 2015」は、「ひらう」では「拾う」に変換されません。「ひろう」だとすぐに「拾う」と変換されます。あの優秀なATOKが知らないのです。ちなみに「Microsoft IME」でも同じです。私はよく「番組ホームページから拾うと…」と書きますので、いつもここで悩みます。

「ひらうは九度山弁だったのか?」と心配していましたが、どうもそうではないようです。「方言」ではなく「誤用」とか。ヤフー知恵袋に納得のいく回答がありました。質問は《関西弁についてなんですが、大阪人の私は「拾う(ひろう)」を「ひらう」と言うのですがこれは関西弁になるんでしょうか? 他府県でも使いますか?》。

それは方言ではありません。誤用です。もっとも、かなり広範囲に認知されていますので、方言とすることもできますが、とくに地域は特定できません。

歌う→うとう そこなう→そこのう 洗う→あろう などのように、「*AU」という連母音の発音が苦手な日本人(地域は限りません)が「*OU」と発音しつつ「本当は*AUなんだが」という意識を維持している例が多々あります。

「拾う(OU)」は、そのままで間違っていないにも関わらず、上記の例(「ひらう」を間違って「ひろう」と発音してしまっているんじゃないか?という意識が働く)と誤解して正しく発音しようとして「ひらう」と誤用したものと思われます。昭和初期から全国的に流布しているようです。

結論として「方言ではなく、日本全国に広く流布している誤用です。ただ、ここまで広く長期に流布してしまったら、誤用でも方言でもなく共通語として認定してもいいのでは・・?」というレベルでしょう。


石破茂がよくインタビューなどで「行う(おこなう)」を「おこのう」と発音していて、「何だかキザなやつだな」と思っていたが、これも「*AU」が「*OU」に変わった例だろう。確かに「*AU」は口の開け閉めが忙しいが、「*OU」だとほとんど口の形を変えずに発音できる。

「ひろう」(正)→「ひらう」(誤)はその反対なので発音しにくいのだが、「正しくは『ひらう』ではないか」と誤解し、その誤用が広まったという複雑なことになっているのだ。

しかし長年のクセというのは抜けず、今もつい「ひらう」と入力してしまう。なのでパソコンは「単語登録」機能で無理矢理変換しているが、会話の中ではやはり「ひらう」と言ってしまう。耳で聞いてもらう分にはあまり違和感はないと思うので、まぁ仕方ないかな、と諦めている。皆さんは、どっち派ですか?
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田丸(42)味方 | トップ | 歴史に憩う橿原市博物館で「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひらう (平安えみ)
2016-11-01 15:15:44
なんの疑問持たずに今の今まで「ひらう」と思っていました。(*^-^*) 
関西弁として (tetsuda)
2016-11-04 06:33:09
平安えみさん、コメントありがとうございました。

> 今の今まで「ひらう」と思っていました。

私と同じですね。一般的には「関西弁」と見なされているようです。今から「ひろう」に代えるのは、不可能に近いです。

コメントを投稿

意見」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。