tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

外国人観光客の増加で活況を呈する奈良県。県下各地では様ざまなイベントが行われ、美味しいお店も激増中。ぜひお訪ねください!

生駒山上遊園地の飛行塔は84歳!(産経新聞「なら再発見」第65回)

2014年02月11日 | なら再発見(産経新聞)
産経新聞奈良版・三重版ほかに好評連載中の「なら再発見」、今回(2/8付)の見出しは「生駒山上遊園地 “84歳”飛行塔いまだ現役」、筆者はNPO法人「奈良まほろばソムリエの会」理事長の小北博孝氏である。飛行機が珍しかった昭和4年(1929年)に建造され、戦時中の金属供出からも免れて今日まで親しまれてきた。では、全文を紹介する。
※トップ画像は、同遊園地のホームページから拝借



 今から84年前、近畿日本鉄道は生駒山頂(642メートル)に遊園地を開園し、そこに当時東洋一の飛行塔を設置した。この飛行塔は今も現役で、日本最古の大型遊戯機械としてその雄姿を誇る。
 「奈良まほろばソムリエ検定公式テキストブック」(山と渓谷社刊)では、わが国の発展期における近代化を支えた鉄道や構造物などを「近代化遺産」とし、そこでこの飛行塔を紹介している。
 生駒山は金剛生駒紀泉国定公園の一角、大阪府との境に位置する。山頂からは奈良盆地や大阪平野が望まれ、360度の展望が広がる。
 近畿日本鉄道の前身となる大阪電気軌道により、大正3年、大阪・奈良間の鉄道が開通した。その後、7年には日本最初の営業用ケーブルカーとして生駒の宝山寺まで運行を始め、昭和4年には生駒山上遊園地への足としてケーブルカーを山頂まで延長した。これもまた近代化遺産のひとつである。
飛行塔はこの遊園地開設と同時期、遊園地のシンボルとして建造された。高さ40メートル、回転部直径は20メートルもあり、複雑に組み込まれた総鉄骨製である。


近鉄生駒鋼索線(ケーブルカー)。この写真と次の写真は、小北さんの撮影

 四方に吊り下げられた4機の複葉飛行機(主翼が上下2枚ある古式の飛行機)は、音もなくゆっくり回転しながら上昇する。最上部では水平飛行で数回回転し、再び降りてくる。その間には、さえぎる物のない大展望をほしいままに楽しむことができる。また塔本体にはエレベーターが組み込まれ、かつては最上部の展望台に上がることもできた。
 昭和4年といえば、まだ飛行機は一般的な乗り物ではなく、この斬新な乗り物に人々は驚き、憧れたことだろう。
      *   *   *
 飛行塔の制作者は「わが国の大型遊戯機器の父」と呼ばれた土井万蔵氏である。土井氏は大阪の土井文化運動機製作所の創業者で、大正7年ごろから各地の遊園地の大型遊戯機器を手掛け、この飛行塔は16番目の作だそうだ。



 太平洋戦争末期には軍事用の鉄資材として各地の大型遊具は解体され、今はほとんど残っていないが、この飛行塔は幸運にも取り壊しを免れた。それは当時、生駒山上にはグライダーの練習場や航空関連施設があり、その立地を生かして、この飛行塔も軍の防空監視所として使われていたためである。
      *   *   *
 平成4年には、生駒山上遊園地へは約73万人が入園した。しかしその後、各地に作られた大規模テーマパークの出現や遊園地離れで、入園者は減少を余儀なくされている。しかし飛行塔への人気は衰えず、いまも多くの入園者を楽しませている。
 4月からの営業再開まで冬季休園になる昨年11月の最終日、遊園地を訪れると、好天にも恵まれ、最終日にもかかわらず子供連れや若いカップルでにぎわっていた。雲ひとつない青空の下、ひっきりなしに複葉機が飛び立ち、ゆっくり回りながら上昇していく光景は、実にのどかである。
 80年以上もの間、風雪に耐えてきた飛行塔。これからも、さらに多くの人々を楽しませてくれることだろう。(NPO法人奈良まほろばソムリエの会理事長 小北博孝)


「近代化遺産」とは聞きなれない言葉であるが『奈良まほろばソムリエ検定公式テキストブック』(山と渓谷社刊)には、このように記されている。

 近代化遺産とは江戸時代からおおよそ今から五十年前までに作られた、我が国の近代化を支えた産業、土木などの建築物や構造物、設備、各種機械類のことをいう。
 近代化の旗手でまず思い起こされるのは鉄道である。奈良県において見ると、鉄道の敷設は観光地への利便性や神社仏閣への参詣を目的とした観光的、宗教的要素を特色とする。奈良県の鉄道の歴史は、明治二十三年(一八九○)十二月二十七日、大阪鉄道により奈良・王寺間(現JR関西本線の一部)が開通したことに始まる。以来、県北の盆地を中心に鉄道網は広がっていくのである。現在の路線数は旧国鉄のJR線が三線、近鉄線が十二線(鋼索線を含む)。

とあり、JR奈良駅旧駅舎、大仏鉄道、近鉄生駒鋼索線(ケーブルカー)、生駒山上遊園地、開運橋(信貴山門前)、長尾街道道標(香芝市田尻)、近鉄吉野線薬水拱橋(くすりみずきょうきょう=レンガ造りのアーチ橋)、近鉄吉野線吉野川橋梁、吉野ロープウェイ、谷瀬の吊り橋(十津川村)の10件が紹介されている。

なお開運橋の全長は106m、吉野ロープウェイの長さは346m・高低差は101m、谷瀬の吊り橋の長さは297m、川面からの高さは54mである。奈良検定受験者はシッカリと覚えていただきたい。 

奈良県下にあったドリームランドもあやめ池遊園地も、今はない。唯一残る生駒山上遊園地は、この飛行塔をシンボルに、これからも多くの人々を楽しませていただきたい。小北理事長、良い記事とお写真、有難うございました!

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盆梅展、大和郡山(城跡)と... | トップ | 珠光茶会(第1回奈良大茶会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

なら再発見(産経新聞)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事