tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

多忙のため2017年からは毎日更新できないかも…。しかし、中身は充実いたしますので、引続きのご愛読よろしくお願いします!

璉珹寺(奈良市西紀寺町)の裸形阿弥陀仏/特別ご開帳は5月31日(水)まで!(2017 Topic)

2017年05月20日 | お知らせ
木曜日(5/18)の産経新聞奈良版に「裸形の珍しい阿弥陀様 璉珹寺(れんじょうじ)31日まで特別公開」という記事が出ていた。県の「秘宝秘仏特別公開」事業に協力し、ご本尊の阿弥陀如来立像を公開されているのである。このお寺のことは以前、ここで詳しく紹介したことがある。境内では、オオヤマレンゲやニオイバンマツリが見頃を迎えている。新聞記事を引用すると、
※写真は、璉珹寺の拝観をお手伝いする「ナント・なら応援団」の藤田優さん(5/3撮影)


ご本尊の阿弥陀如来立像(県文化財)。特別の許可をいただいて撮影

奈良市西紀寺町の璉珹寺(れんじょうじ)で、袴(はかま)をはき上半身は裸形の珍しい阿弥陀如来立像(県文化財)が特別公開され、多くの参拝者が訪れている。31日まで。璉珹寺は飛鳥に創建された紀寺の流れをくみ、奈良時代に現在地に移ったとされる。


右は同じく「ナント・なら応援団」の深澤一仁さん

本堂に安置されている阿弥陀如来立像(167cm)は鎌倉時代の木造で、美しい女人の姿。袴は50年に1度替えられ、毎年5月には開扉されている。両脇には観音・勢至両菩薩立像(重文)が安置されており、同時に拝観できる。また、境内にはニオイバンマツリやオオヤマレンゲも咲き、お茶を飲みながらゆっくりと過ごせる環境となっている。



「仏様をじっくりと拝観される方が多いのがうれしい」と下間景甫(しもつま・けいほ)住職。最近は全国から参拝者が訪れるといい、大阪府四條畷市の女性(69)は「お優しい印象がある」と毎年のように阿弥陀仏を拝観に訪れているという。拝観料は一般400円、中学・高校生200円。問い合わせは璉珹寺(電0742-22-4887)。


土日祝日にこのお寺をガイドしているのが、南都銀行のOB・OG約40人で組織されるボランティア団体「ナント・なら応援団」だ。1日2人体制で、受付とガイド(ご本尊などの解説)を行っている。目印は真っ赤なベスト。見かけられたら「おじさん(おばさん)、頑張って!」とお声かけください!
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 献麺式と三麺交流会/5月20日... | トップ | 茶粥にまつわるエトセトラ by... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。