tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

多忙のため2017年からは毎日更新できないかも…。しかし、中身は充実いたしますので、引続きのご愛読よろしくお願いします!

冬眠人間だった!私

2016年12月28日 | 意見
毎年この時期になると、夜にお腹がすいてやたら甘いもの(炭水化物)が食べたくなる。昨年まではお餅を焼いて食べていたが、今年はもっぱら食パンだ。はじめは山崎製パンの「ダブルソフト」で済ましていたが、同じ職場のNさんに、やや値が張るがとても美味しい食パン(近鉄奈良駅前「capital」の石窯パン)を教えてもらったので、これは当分やめられそうにない。
※トップ画像は「がくげいイラスト素材集」より

それだけではなく、やたら眠くなり、珍しく夜に十分な睡眠をとった日でも午後になるとまた眠くなる…。ネットをいろいろ検索していてやっと分かった、これは「冬眠」(冬季うつ)なのだそうだ!AllAboutによると、

秋から冬にかけて、食事量が増えて睡眠時間が長くなるというのは、何かに似ていませんか? クマなどの冬眠する動物の行動と同じですね。

多くのうつ病は、季節と関係なく気持ちがふさぎこむのが一般的ですが、ある決まった季節だけに発症するうつ病があり、「季節性感情障害」と呼ばれています。夏に起こるものもありますが、ほとんどは秋から冬にかけて憂うつな気分にとらわれ、春になると自然に治る「冬季うつ病」です。

冬季うつ病に特徴的な症状は、食欲増加、体重増加、睡眠時間の増加。普通のうつ病の場合、食欲がなくなって体重が減り、昼夜を問わず眠ろうとしても眠れなくなります。しかし、冬季うつ病の場合は逆で、特に午後~夜に炭水化物や甘いものが欲しくなります。また、夜の睡眠時間が長くなり、日中の眠気も強く、昼寝や居眠りが増えます。

通常のうつ病と同じく、冬季うつ病の場合も、気分の落ち込みや、それまで興味があったことへの関心の薄れなどが見られます。また、集中力や意欲、精力が低下し、疲れやすくもなります。


明るい光を浴びて治療する方法もあるそうだが、春になると自然に治るということだし、幸いヤル気の低下はない(そんなことを言える状況ではない)ので、特に心配してはいないが、問題は体重の増加だ。今までは「餅太り」「正月太り」と軽く考えていたのだが。そういえば、お腹の脂肪が少し増えてきたような…。

「冬季うつ」と言われるといやな感じだが「冬眠」と考えると「まぁ仕方ないか、冬だから」と気楽になれる。この機会に、普段めったに食べない食パンをいろいろと買い込んで「食パングルメ」をめざすのも悪くない、とブログには書いておこう。





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インバウンドの今後/観光地... | トップ | 邪馬台国はどこだ?/おもし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。