tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

「京都は卒業したので奈良に来ました」という方が増えています。奈良県には古代も中世も近世も。ぜひじっくりと巡ってください!

スウィーツ甲子園奈良大会(2016)グランプリ、「柿しずく」に決定!

2016年10月20日 | お知らせ
10月15日(土)、イオンモール大和郡山で開催された「第8回 スウィーツ甲子園奈良大会」のグランプリは、NPO法人自立支援ステーションぽかぽかが運営する「ワークスペースこすもす」(大和郡山市)の「ほうじ茶かおる 柿しずく」に決定した、おめでとうございます!
※トップ写真はグランプリに輝いた「ワークスペースこすもす」のブース


この日のラインナップ。過去最高の全12品目ある

グランプリの商品は、関西大会に出場することになる。なお準グランプリは、NPO法人どうでが運営する「夢工房 布目の里」(山添村)の「干し柿ショコラ」と、偶然、奈良県の特産品である「柿」を使ったスイーツが1位と2位を独占した。


「柿しずく」単品は@230円(税込み)、籠に入れるとこんないい感じ


準グランプリの「干柿ショコラ」。@300円(税込み)

今回は例年以上の盛り上がりで、私がイオンモールに到着したとき(13:00頃)には、黒山の人だかりができていた。ちなみに有効投票数は3,071票だった。これは過去最高だ。出品されたスイーツも12点で、これも過去最高の数だった。私は審査員だったのですべてを味わうことができたが、すでに売り切れのブースもあって、これはお気の毒なことだった。


準グランプリに輝いた「夢工房 布目の里」のブース

審査員は4人で、ずぶの素人は私1人。審査員をお引き受けするのはこれが3度目(3年目)だ。普段、あまり甘いものを食べつけていないので不安に思い(うどんやラーメンの審査なら絶大の自信があるのだが)、昨年はウチの若い女子社員にも一緒に食べてもらったところ結局、ほとんど私と同じ評価だったので自信を持ち、今回は私1人で審査に臨んだ。


イベントを仕切るのは、立石智代さん(障害者雇用促進センター)



奈良の特産品を使った自信作がずらりと勢揃いし、これに甲乙つけるのは難しい。パッケージにも相当、工夫の跡が見られた。全般的に甘みが強く、私のようなオッサンには「もう少し甘みを控えた方が、美味しく感じられるのではないか」と思うものが多かった。


表彰式で「ワークスペースこすもす」メンバーと審査委員長の飯田明美さん(元奈良県農業大学校長)

競争を勝ち抜いてグランプリに輝いた「柿しずく」は、あっさりとした柿チップの味と、パウンドケーキのほうじ茶の柔らかい苦みがミックスして、とてもバランスのいい逸品に仕上がっていた。気取った抹茶でなく、ほうじ茶というところが良かった。パッケージの籠もいい雰囲気で、収穫した柿を入れる「竹かご」をイメージさせる。奈良の「俚(さとび)」が表現されている。


昨年「花橘の薫(はなたちばなのかおり)」でグランプリに輝いた「カフェぷらっと」のブース

奈良の商品は今まで関西大会で優勝したことがないそうだが、今年はぜひ「柿しずく」でガチンコ勝負をしていただきたいものだ。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Nara観光コンシェルジュ アワ... | トップ | ホテル・旅館の現状と課題/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。