tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

多忙のため2017年からは毎日更新できないかも…。しかし、中身は充実いたしますので、引続きのご愛読よろしくお願いします!

珠光忌法要 毎年5月15日/奈良市の称名寺(毎日新聞「ディスカバー!奈良」第17回)

2017年05月15日 | ディスカバー!奈良(毎日新聞)
5月15日は茶礼祖(わび茶の創始者)村田珠光(じゅこう)の命日。毎年この日には法要が営まれるとともに、本堂と茶室が特別公開される。お寺のHPによると、今年(2017年)は
※トップ写真は珠光の草庵「獨蘆庵(どくろあん)」(称名寺提供、田村昌哉さん撮影)

珠光忌 平成29年5月15日午後1時より厳修 当日は、午前10時より午後3時まで本堂と茶室を特別公開します。拝観料は、客殿での抹茶の接待を含んでお一人さま1,000円です。
(注)10名以上の団体の場合は、前もってご予約いただきますようにお願いいたします。


NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」が毎週木曜日、毎日新聞奈良版に交代で執筆している「ディスカバー!奈良」、先週(5/11)は同会理事の清水千津子さんが「珠光忌に獨廬庵(どくろあん)公開 奈良市の称名寺」という記事を書かれていた。全文を紹介すると、


獨蘆庵の茶庭 左はつくばい、右は珠光がくみあげた井戸(写真提供=称名寺)

村田珠光(じゅこう)をご存知でしょうか。現在の奈良市中御門町に生まれ、11歳の時、称名寺に入り僧になりました。お茶を飲むという文化は、平安時代、空海など学僧により日本に持ち込まれました。

室町時代になると、嗜好(しこう)品としての喫茶が広まり、どれが本茶(京都栂尾(とがのお)の抹茶)かなど、お茶を当てる闘茶(とうちゃ)が広がり、賭け事などで堕落したとされています。

一休和尚に師事参禅した珠光は、禅の思想を抹茶の喫茶に持ち込みます。珠光が始めたお茶を飲む時の心のあり方や4畳半という狭い草庵は、後に千利休によって侘び茶として完成されます。

称名寺に伝わる珠光の草庵(そうあん)「獨蘆(どくろ)庵」は5月15日の珠光忌に、称名寺本堂の仏像と共にこの日のみ特別公開されます。客殿では抹茶接待も行われます。立礼(りゅうれい)という椅子に腰かけてのお点前(てまえ)で、気楽にお抹茶を味わえます。
            
―メモ-近鉄奈良駅下車、高天交差点を北へ1つ目の内侍原交差点を西に100㍍、徒歩約10分。(奈良まほろばソムリエの会理事 清水千津子)


本堂と茶室の特別公開は本日10:00~15:00まで。ぜひ足をお運びください!

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市場まつり(奈良県中央卸売... | トップ | 奈良県立 なら食と農の魅力創... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まほろば館 (橋本)
2017-05-15 13:18:41
本文とは関係ありませんが、先程まほろば館の講座案内見ていたら、鉄田さんの話が❗早速申し込みました。吉野のココロですか?楽しみです。
お楽しみに! (tetsuda)
2017-05-20 06:00:37
橋本さん、いつもありがとうございます。

> まほろば館の講座案内見ていたら、鉄田さんの話が❗
> 早速申し込みました。吉野のココロですか?楽しみです。

恐縮です。また当ブログでも募集をかけさせていただきます。母は吉野郡大淀町出身、祖母(父の母)は五條市出身です。紀州に近い吉野は、私にとっては最も近い「大和」でした。当日をお楽しみに!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。