tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

外国人観光客の増加で活況を呈する奈良県。県下各地では様ざまなイベントが行われ、美味しいお店も激増中。ぜひお訪ねください!

御所駅前「2日間だけのオープンシャッター」/5月27日(土)・28日(日)開催!(2017 Topic)

2017年05月26日 | 奈良にこだわる
今朝(5/26)の読売新聞奈良版に「シャッター3軒 上げます 御所・新地商店街」という記事が出ていた。「御所駅前・商店街元気プロジェクト『2日間だけのオープンシャッター』」の話である。。チラシはこちら、地図はこちらに出ている。記事によると、
※トップ写真は御所市・新地商店街の入口。探検!御所ガールのFacebookから拝借

27、28日 手芸店など限定オープン
シャッターが下りたままの店が目立つ御所市の新地商店街で27、28日、空き店舗3軒を手芸店やカフェとして開く期間限定のイベント「2日間だけのオープンシャッター」が行われる。商店主らは「新規出店につなげ、再び活気を呼び込みたい」と期待する。(山本哲生) 

同商店街によると、商店街は近鉄と旧国鉄の御所駅につながる約150メートルの通りに1964年にオープン。県内でも最初期にアーケードが付けられ、雨でも買い物できると好評で、大売り出しでは買い物客でごった返したという。しかし徐々に衰退し、約10年前からは約25店のうち9店しか開かない「シャッター街」となっている。後継者不足も深刻で、商店街青年部は3人のみ。

「一時でもシャッターを上げてみよう」と、県は今年1月、元金物店を改装し、起業希望者に貸す「実験店舗J」を開いた。本格開業までの期間限定ではあるが、靴下や葛菓子、貝ボタンなどの地場産品を売る雑貨店が出店している。さらに開店を促すため、商店街青年部や県などは4月、「御所駅前・商店街元気プロジェクト」を結成。雑貨店やパン店だった3軒も2日間限定で開くことにし、イベントを企画した。

御所市櫛羅(くじら)のニット製造業「ソシアル」は、元雑貨店に開く。自社製品の専売店がなく、出店は今回が初めて。手芸用の色とりどりのニット生地を棚に並べ、担当者の東江あがりえめぶきさん(32)は「お客さんと手芸について語り合えるのが楽しみ」と意気込む。元パン店はカフェとなり、三郷町の「垣本鉄工所」のランプやテーブルなどを置く。残る1店は、麻布・奈良晒ざらしなどを並べる。



北田会長のお店「ミートショップ北田」の激うまコロッケ。向こうはハムカツ

商店街会長で精肉店主の北田斉(ひとし)さん(73)は「昔はそろわない物がないと言われたほど、にぎわった。活気を取り戻すきっかけにしたい」。県の担当者は「起業や出店を志す人は多いが、空き店舗を活用する動きに結びついていない。イベントが新規出店につながれば」と話していた。開店は午前10時~午後6時。

県のHPは、こちら。「新地商店街の複数の空き店舗を同時に開ける」とは、面白い試みだ。ここは立派な商店が建ち並び、往年の繁盛ぶりがうかがえる商店街で、アーケードもある。毎年11月の「霜月祭(そうげつさい)」のときは一時、活気を取り戻すが、またもとに戻ってしまう。

近くの「モリソン万年筆&カフェ」の取材でも何度かこの商店街を訪ねた。記事に出ていた北田斉会長の「ミートショップ北田」のコロッケやハムカツは美味しかったし、少し路地に入った「新地 入船」のカレーうどんは絶品。お土産には商店街の北側の「あけぼ乃」の名菓・葛城路。さらに地元に勤務する同僚によれば「一押しは、立米食堂のお好み焼き!」とのこと。

この土日は、ぜひ御所市新地商店街へ足をお運びください!



『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉野のココロ/奈良まほろば... | トップ | 奈良少年刑務所 国内初の「監... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

奈良にこだわる」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。