tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

多忙のため2017年からは毎日更新できないかも…。しかし、中身は充実いたしますので、引続きのご愛読よろしくお願いします!

東大寺・北河原長老を迎え 観光シンポジウム(奈良市観光協会主催)/3月26日(日)開催!(2017 Topic)

2017年03月15日 | 奈良にこだわる
次の1300年を見すえた「NEXT-1300 NARA」プロジェクトの始動に伴い、こんなシンポジウムが3月26日(日)、東大寺金鐘ホール(東大寺ミュージアム内)で開かれる。参加は無料だが申し込みが必要である。申込先は、こちらのHPから。テーマは「C-MICE」。奈良ならではの「MICE(マイス)」のカタチを模索する。

なおMICEとは《企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称》(観光庁のHP)で、C-MICEとは、その小規模版。同イベントのニュースリリースによると、

「NEXT-1300 NARA」キックオフシンポジウム開催します
公益社団法人 奈良市観光協会


公益社団法人奈良市観光協会は、地方創生交付金事業として、平成 28 年度から平成 30 年度の 3 か年で、奈良ならではの MICE(=C-MICE)を軸とした観光力強化事業に取り組みます。本年度は、キックオフとして、構想ジャーニー及び公開シンポジウムの開催をいたします。

1300 年前の奈良は、シルクロードや遣唐使を通じて世界中の文化や芸術や技術が集まる最先端の国際都市でした。以来、脈々と受け継がれてきた奈良のDNA をベースに、次の 1300 年後の未来を見据えたイノベーションを創発していく、それが「NEXT-1300 NARA」プロジェクト。奈良の持つ力を掘り起こし、次の 1300 年を念頭に、ドキドキわくわくする奈良の未来を創造していきます。

※「C-MICE」とは、奈良ならではの歴史ある場所・体験を通した小規模で(Compact) 市民に開かれた(Civic)創造的(Creative)なイノベーションを共創、創発する場のことで、奈良から始まるこれまでにない MICE の形です。

日時および場所:
■平成 29 年 3 月 25 日(土)構想ジャーニー
地元で活躍されている皆様と様々な分野で活躍する外部イノベーターがチームをつくり、奈良での具体的な事業アイデアを創出します。
場所:奈良市内各所

■平成 29 年 3 月 26 日(日)公開シンポジウム
-「奈良ならではの新しい MICE」への取り組み宣言
-1300 年続く奈良における C-MICE の可能性
-構想ジャーニーで創出されたアイデアを市民に発表する場

場所:東大寺金鐘ホール 〒630-8208 奈良市水門町 100 番地

※詳細は別紙(チラシ)のとおり。
※スケジュール、プログラムは当日変更となる可能性があります。
―問い合わせ先―
公益社団法人 奈良市観光協会 連絡先:0742-27-8866 担当:山田・中村


前日の3月25日(土)には、奈良市内を巡って「C-MICE」のあり方を探るツアー(構想ジャーニー)も開かれる(参加者限定)。

3月26日(日)には、東大寺の北河原公敬長老や各種イベントで活躍される小川秀明氏(アルスエレクトロニカ ジャパン ディレクター)のトークや、前日のツアー結果のプレゼン(C-MICEで創発されたアイデアの発表)がある。参加は無料、申込先は、こちらのHPから。皆さん、ぜひお申し込みください!



『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生駒聖天春の参道ご縁市2017... | トップ | まほろばソムリエのヤマトロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。