tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

多忙のため2017年からは毎日更新できないかも…。しかし、中身は充実いたしますので、引続きのご愛読よろしくお願いします!

ゴキブリの神さま 護鬼佛理天(ごきぶりてん)/上北山村白川の林泉寺境内に!

2017年06月19日 | 奈良にこだわる
「護鬼佛理天(ごきぶりてん)」なるものを発見!木曜日(6/15)、出張で下北山村と上北山村へ行った。同行した当部の同僚Iくんによれば「上北山村には、ゴキブリの神さまがいますよ」(!)トイレの神さまは聞いたことがあるが、ゴキブリの神さまとは!それが写真の護鬼佛理天だ。「天」とあるからには神さまだ。碑文によると







「護鬼佛理天」像に寄せて 都市の衛生的な環境を維持するに共生の適わぬ生き物たちの鎮魂のため ここに其の霊を合祀して永遠の安らぎを祈願するものである。平成13年10月 株式会社その興産 代表取締役 南園良三郎






護鬼佛理天制作意図 ゴキブリは地球上に現れてから3億年たつが 新参者の人類がつくりだした都市を舞台にともに繁栄し 愛憎劇を繰り広げてきた ゴキブリの側の片思いの感は否めない ここにゴキブリの腹上に寄生する都市という逆転の構図を彫刻することで 我々の薄情さをうめあわせたいと思う 2000.11.20 天野裕夫

ビルの清掃会社が、これまで退治してきたゴキブリの霊を慰めるために建立されたもののようである。「一切衆生悉有仏性」「一寸の虫にも五分の魂」、もちろんゴキブリにも霊はあるのだ。

それにしても、何ともシュールなゴキブリ像である。「ゲームのラスボスのようでカッコいい」という声もあるようだが、さてあなたのご感想は?




ジャンル:
文化
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田原本町がお土産(特産品)... | トップ | ナント・なら応援団、璉珹寺... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たけ)
2017-06-28 07:27:36
へえ〜、こんなのがあったんですね!
ポケモンのウルトラビーストみたいでかっこいいですね。

高野山の奥の院には、日本しろあり対策協会による、
しろありの供養塔がありました。
「やすらかにねむれ」と書かれていました。
合掌 (tetsuda)
2017-07-07 04:18:12
たけさん、コメントありがとうございました。

> 高野山の奥の院には、日本しろあり対策協会による、しろありの
> 供養塔がありました。「やすらかにねむれ」と書かれていました。

なるほど、同じ趣旨ですね。「害虫」というのは、勝手に人間がそう呼んでいるだけで、地球は人間のためだけのものではありませんからね。合掌。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。