tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

多忙のため2017年からは毎日更新できないかも…。しかし、中身は充実いたしますので、引続きのご愛読よろしくお願いします!

奈良女子大の公開講座「地方消滅は本当か?」10月22日(土)開催!(2016 Topic)

2016年10月11日 | お知らせ

奈良女子大学の大学院が「地方消滅は本当か?人口減少社会と地方創生」という公開講座を開催する。講師は同大教授の中山徹氏である。参加は無料だが申し込みが必要だ。同大学のHPによると、

2015年の人口は1億2700万人です。将来人口予測によりますと2110年には4300万人まで減少します。この値は明治31年とほぼ同じで、もし出生率が回復しなければ100年後には100年前の人口に戻りそうです。また東京一極集中が是正されなければ、現在人が住んでいる地域のうち、19%が2050年までに無人化すると言われています。

政府や自治体は地方創生を進め、出生率の回復を図り、東京一極集中を解決しようとしています。はたして計画通り進むのでしょうか、課題はどこにあるのでしょうか。それらの点を考えます。

『地方消滅は本当か?人口減少社会と地方創生』
・開講日時 10月22日(土) 10時30分―12時00分
・場  所  奈良女子大学理学部G棟 G101教室
・講  師  中山 徹 (生活環境科学系 住環境学領域 教授)
・定  員  100名
・資料準備の都合上、事前のお申し込みにご協力ください。定員に達し次第、締切といたします。
・受講料は不要です。
<お申込み>
電話・FAX・E-mail いずれかで「講座名、氏名、連絡先」を明記の上、お申込みください。
・TEL 0742-20-3734(土日祝日を除く10時から17時まで)
・FAX 0742-20-3958
・E-mail kouza@jimu.nara-wu.ac.jp


 人口減少と地域の再編 地方創生・連携中枢都市圏・コンパクトシティ
 中山徹
 自治体研究社

中山教授には、『人口減少と地域の再編』というご著書もある。版元の「書籍の内容」によると、

日本の多彩な国土を構成する地域が存亡の危機に立たされている。少子化に歯止めがかからず、100年後の人口は現在の3分の1。こうした状況に政府は「地方創生」というキーワードを提出した。では、この地方創生をどう評価すべきなのか。

政府が進める地方創生を概観し、47都道府県が策定した人口ビジョン、総合戦略の特徴を検証する。そして、人口減少社会において、政府は地域をどのように再編しようとしているのかを、再編の柱であるコンパクトシティとネットワークの現状分析を通してを捉える。地方創生とは一体何なのか、そしてどう対応すべきかを追究する。


人口減少は自治体職員ばかりでなく、大きな社会問題として全国民の関心事である。ぜひこの機会に確かな知識を仕入れていただき、この問題に対処していただきたい。お早めにお申し込みを!

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歴史バトル「邪馬台国はどこ... | トップ | 奈良づくり(キリン一番搾り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。