tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

多忙のため2017年からは毎日更新できないかも…。しかし、中身は充実いたしますので、引続きのご愛読よろしくお願いします!

まいまい京都/ユニークなガイドさんと ミニまち歩き!

2017年07月08日 | 観光にまつわるエトセトラ
「まいまい京都」をご存じだろうか?地元民がガイドする京都の「まち歩きツアー」(ミニツアー)だ(HPは、こちら)。なお「まいまい」とは「うろうろする」という京都の方言である。事務局は「一般財団法人京都ユースホステル協会」内。2011年にスタートした。
※トップ写真は「曼殊院(まんしゅいん)」(京都市左京区一乗寺竹ノ内町42)のお庭


集合場所は、叡電「修学院駅」(無人駅)鞍馬方面ホーム


待っている間にもユニークな車両が続々と到着するので、飽きることはない

6/11(日)9:30~12:30、私も「【曼殊院】桂離宮の美学が息づく名刹、宮廷の風雅を詰め込んだ庭園と建築美~白砂の海に青苔きらめく、遠州好みの枯山水、新緑の鷺森神社を越えて~」というコースに参加してきた。ガイドは気象予報士の吉村晋弥さん。参加費は曼殊院の拝観料600円を含み3,600円。奈良よりずいぶん高いが、そんなに違和感はなかった。写真で当日の様子を紹介する。


鷺森神社(左京区修学院宮ノ脇町16)に到着、まずは写真をパチパチ


ここで、吉村さんのガイドが始まる

まいまい京都については以前、産経新聞が大きく紹介していた。「産経ニュース」(2015.3.20付)《いま「まち歩き」が人気 知る・学ぶ・交流の楽しさ》から抜粋すると、




「八重垣」と呼ばれる石に触って祈ると悪縁を絶ち思う人との良縁が得られ、夫婦和合・家内安全が授かる

各地で今、「まち歩き」が人気を集めている。従来のツアーやガイドブックにはない、地元の知られざる見どころや暮らしを、住民が案内しながら歩く。名所旧跡の見学中心の観光とは異なり、体験や交流を取り入れた面白さも魅力だ。地元にとっても、まちおこしや郷土愛を育むことにつながると、積極的に取り組む地域が増えている。(横山由紀子)


武田薬品の「京都薬用植物園」の横を通った



■路地裏散策
3月10日の昼下がり。京都の中心部、四条烏丸近くで、まち歩きツアー「まいまい京都」が開催されていた。町家が並ぶ路地裏などを散策する2時間のコース。赤い旗を手にした住民ガイドと11人の参加者が、碁盤の目のように張り巡らされた市街地を歩く。



小さな桂離宮と呼ばれる「曼殊院」に到着





しばらくすると、住民ガイドが足を止めた。角地には、かつて理髪店だったという文房具店。「ほら、壁に理髪店の看板が残っているでしょう。昔は、こうした角地に理髪店が多くあって、3日とあけず髷(まげ)を結いに来る男たちの情報交換の場でした。角地にあることで、不審者を見張る役目も果たしていたのです」。ガイドの山田章博さん(55)が説明すると、参加者はメモを取ったり写真を撮ったり、熱心に見学していた。


「仏像と建造物の奈良、庭の京都」と言われるとおり、お庭はすごい


お寺の建物内は写真撮影不可だった。お寺の案内は若いお坊さんで、これがまた面白かった

今回が6回目の参加だという大阪府吹田市の主婦(60)は、「メジャーな神社仏閣より、地元の人が暮らしている路地裏を散策するのがとても面白い」と満足そうな様子。まいまい京都は平成23年3月、「ひと味違う京都の魅力を紹介したい」と市民団体が立ち上げた。「まいまい」とは、うろうろする、という意味の京言葉。



町家大工の棟梁(とうりょう)や呉服店の店主、花街の芸妓(げいこ)、占い師…などバラエティーに富んだ住民ガイド約100人が、銭湯のタイル絵鑑賞や神社のこま犬巡りなどユニークなツアーを率いている。参加費は1500円からで、キャンセル待ちも出る人気だ。事務局の阿比留優子さんは「住民が郷土愛を持って、隅々まで案内しています。知られざる京都の暮らしや見どころを堪能してほしい」と話す。


曼殊院の勅使門


新緑がお寺の壁に映える。皆さん、本当に写真がお好きだ

■長崎からブーム
まち歩きは、北海道から沖縄まで全国で広がりを見せている。ブームの火付け役となったのが、18年に長崎市が開催した日本初のまち歩き博覧会「長崎さるく博」だ。日常そのままの長崎のまちを歩くことに徹し、博覧会期間中の7カ月間で参加者が延べ約1千万人を超える大成功を収めた。以後、住民ガイドのまち歩きツアー「長崎さるく」として定着。落ち込んでいた観光客数の回復にもつながったという。




長崎さるく博のコーディネート・プロデューサーを務め、「まち歩きが観光を変える」(学芸出版社)の著書がある茶谷(ちゃたに)幸治さんは、観光が従来の「名所旧跡、温泉、宴会、観光バス」といったパターンから、「知る、学ぶ、交流する」ことを重視するスタイルへと変化しているという。「まちを歩いて、独自の文化や生活を知り、住民と触れ合う面白さがあります。お金をかけずに楽しめる知的なまち歩きがブームとなるのは、社会が成熟してきた証しなのかもしれません」と話している。


雲母漬(きららづけ)老舗「穂野出(ほので)」。前の坂は雲母坂(土に雲母が含まれていることから)


要は小ナスの白味噌漬である

■全国約250カ所で開催
茶谷さんによると、全国の約250の地域でまち歩きが開催されているという。「大阪あそ歩(ぼ)」(大阪市)は一般社団法人・大阪あそ歩委員会が運営。レトロな街並みが残る大阪・中崎町の路地裏をたどるツアーなどを開催。春季(3月末~6月初旬)だけでも約100のコースを用意している。



宮本武蔵が吉岡一門数十人と決闘を行ったという「一乗寺下(さが)り松」。大楠公戦陣蹟碑(足利尊氏と戦った楠木正成の陣所跡)も建つ



東京都練馬区観光協会の「ねりまのねり歩き」は、石神井公園周辺の歴史を楽しむコースなど毎年春と秋に開催。新潟市の「新潟シティガイド」は、市が養成したガイドが案内。北前船の寄港で栄えた港町の様子を伝えるツアーなどが人気という。

「まいまい京都」のツアーは、奈良で我々がやっていてるツアー(史跡探訪など)とはコンセプトが全く違う。特徴を列挙すると、

1.ガイドさんの平均年齢が若い
2.「一芸に秀でた」ガイドさんが多い(住職、宮司、芸妓、占い師、職人さん etc.)
3.お客さんに若い女性が多い
4.ガイド料が高い(通常は@200~500円程度、ここは半日で@3,000円・1日@6,000円程度)
5.参加者数を絞っている(15人程度。通常はもっと多く、20人に1人程度のガイドをつける)
6.インターネットで集客・連絡もEメール
7.ガイド内容が楽しくて、分かりやすい
8.だから人気が高く、ツアーはすぐに満杯になりキャンセル待ちが続出する

1.と3.は連動しているのだろう。やはりガイドさんが高齢者だと、お客も高齢者が主体になる。私は神戸市内や富岡製糸場(群馬県富岡市)でもガイドツアーに参加したが、いずれもシニアで、こんなに若いガイドさんは、あまり見たことがない(最近はバスガイドもアラ還が多い)。

4.と5.も連動している。ガイド料が高いから、少人数のツアーができるのだ。6.も、客層が若いからすべてインターネット経由としてもクレームが来ないのだ。

新幹線が停まり入り込み客数が多く、また約150万人もの人口を擁する京都市ならではのビジネスモデル、と言ってしまえばそれまでだが、奈良県でも、集客力があり鉄道などの便の良いところでは、このようなツアーができそうだ。いちど「お試し」でやってみようかな!?
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大和ハウス総合技術研究所で... | トップ | まち歩き講演会(by まいまい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。