stay_gold.com

日記だったり社会問題だったりオタだったり競馬だったりなごちゃまぜブログ。コメント・TB・リンクは大歓迎!

ハヤテのごとく! 7話「男の戦い」

2007-05-13 13:07:41 | アニメ感想(つーかタワゴト)
タイトルからしてどうみてもエヴァンゲリオンです本当に(ry
しょっぱなから「サービスカットもそこそこに」とかwww
あらすじ終わって、始まったと思ったら咲夜とクラウスのコントwww

八神はやて部隊長何やってらっしゃるんですか?
としか言えないw
(リリカルなのはを見ればわかること)

ナギの脳内補完がぶっ飛びすぎ。
んでまぁナギとワタルの口論っつーかガキのケンカ。
ハヤテに「あれが仲良く見えるなら眼科か脳外科に行ったほうがいいですよー」ってさりげなくマリアは強烈なこと言うし。
そんな中伊澄登場。
どうやらワタル、伊澄に惚れてるご様子。
眼中に無いらしいけどw
そしてまぁ伊澄→ハヤテのフラグは確定のようなので、決闘申し込んでるし。
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴってジョジョかよ。

「セレブの朝は決闘がスタンダード」だったら大変だよねぇ。
ハヤテは剣さばきも凄まじかったと。
あんなに綺麗に岩を切り刻むんだもん。
(ちなみに本来の剣だと刃こぼれしてダメらしいけど)
犬夜叉ネタ持ち込んでるし、剣を指で止めたよ、ドラゴンボールのトランクスみたいにwww
ハヤテの演技はどう見ても大根役者。
伊澄の「乱暴でひ弱なワタル君のプライドを傷つけないためにわざと負けてあげるなんて、なんてお優しい」っつー発言て辛すぎw
しかもどう考えてもハヤテフラグにしかなってないし。
精神的フルボッコですよ。
そしてナギの脳内はずれっぱなし。

アイキャッチ、「愛していると言ってくれ」「恋愛ビーム」
相変わらずしりとり続いてます。

ワタルに謝りにいく話から「電車でGO!」かよw
そこで金持ちのお嬢様発言。
まぁ乗らないとは思うけど。
「オリエント急行とシベリア超特急には乗ったことあるけど日本のは…」by伊澄

シベ超実在すんのかよwwwww

そしてナギも「そうだよなぁ」と同意してるし!
マリアは電車=新幹線っつー感覚。
これだから金持ちは…
地下鉄もイコールっぽい発言。
今回の放送、鉄オタと一般庶民を敵に回したなw
ピー音入ったとこ、おそらくサクラ大戦ネタで光武輸送かと、「大正時代」とか言ってるし。
地下鉄を未知の乗り物扱いしないでください、僕ほぼ毎日乗ってるんですが(汗

恒例伊澄迷子。
探すのはいいけど、どこの地下通路行ってるんだ?
ロボットアニメの施設っぽいとこに行ってるし。
工事現場のオッサンのヒゲはサンタみたいだしなぁ。
そして工事現場買い取るし、グリフォン(パトレイバー)っぽいシルエットのもの出てくるし。
監督押井だよねー。

伊澄が一言声かけるだけでネズミぴたっと止まるし、「悪霊退散」って書いてる札見せたらいっせいに逃げるし。
何者ですか、このお嬢様?

夢が潰えたって言って帰ってきたし。
そして隊長自重しろ、地下鉄はブラジルに繋がってないwww

結局ハヤテ一人で謝りに行って、サキと遭遇。
ハヤテの凹みっぷりに受けた。
橘グループエンタテインメント部門がしょぼいレンタルビデオショップってのはどーよ。
不況でグループはほぼ壊滅、ここが最後の砦ってのもなー。
「巨大ガッシュの超冒険」と「ワタル専用」のとこが気になるw
ナギから預かってたものは借りてたビデオ。

グレンラガンっぽかったけどw

その他のタイトルもいい具合にパクリw
「大夜叉」とか「うえきが規則」とか。

そしてトドメ。
ちゃっかり親父が会員になってて未返却のビデオが158本、延滞料がジャスト158万ww
死亡。

最後は伊澄が本気でブラジル行こうとして終了。


原作読んでないけど、案外ネタアニメとしちゃ面白いw
カテゴリ無駄にしないために、今後も書くかねぇ。



↑返却ビデオ、原作じゃヤシガニらしいっすね。そういやエヴァネタ何も無かったw
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディズニーは動いた、日本は? | トップ | NHKやっちまったwwwwww »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (玄葉)
2007-05-14 08:04:02
来週のハヤテきゅんの女装が楽しみですハァハァ
Unknown (tetsu)
2007-05-14 10:11:37
>玄葉さん

綾崎ハーマイオニーですもんねぇw
(ニコニコで書かれてる知識しかないですが)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハヤテのごとく第7話男の戦い (翔太FACTORY+Zwei)
「ハヤテのごとく第7話男の戦い」「…男の戦い」「ならば緋斗。流派東方不敗は…」「お、王者の風よ」「全新系列ッ!」「…天破侠乱」「見よ…東方は紅く燃えているッ!!」「・・・・」「なんで東方不敗…?」「叫びたい時に叫ぶそれが‥」「話が大幅に逸れたが。今週の....
ハヤテのごとく! 第7話「男の戦い」 (SERA@らくblog)
セレブの朝は、決闘がスタンダードなんでしょうか――? ワタルはナギの許婚だけど、本命は伊澄。 伊澄がハヤテにフラグありなのが気にいらず決闘を挑むワタル… 激しくどうでもいい戦いでつまんない(笑) いま
波乱曲折 (Fere libenter homines id quod volunt credunt)
ハヤテのごとく! 第7話  追記ひとひら 第6幕 複数感想記事。
第7話「男の戦い」 (ハヤテのごとく! トラックバックセンター)
ワタルは、ナギの許婚であった。 ナギに許婚がいることに対し、生活観の違いを再認識し感心するハヤテ。 だが、ナギはそのことを必死で否定する。 ナギは、ハヤテが自分に許婚がいることを怒っていると思い込んでしまって
ハヤテのごとく! 第7話「男の戦い」 (パプリカさん家のアニメ亭)
ハヤテのごとく公式サイト 前回、ワタルがナギの言い名付けということがわかりましたが、これは、ワタルの親が傾き始めた事業の補填に、ナギの家の財産を宛てにしてワタルを婿養子に出そうとしたもの。 基本的には、ワタルもナギも、この言い名付けの話しは冗談ではない...
ハヤテのごとく! 第7話 「男の戦い」 (リリカルマジカルS)
サキさんのサービスカットもそこそこに前回のあらすじ・・・ って短っ!w ハヤテvsワタル どう見ても犬●叉ですw ハヤテの演技はアニメにすると更に酷いなぁ(^^; 本人の目の前で「乱暴でひ弱」と言える伊
ハヤテのごとく! 第7話 男の戦い (だってアニメが好きだから)
タイトルがすっきりだよwww 《SEO:ハヤテのごとく! レビュー 感想 キャプ 画像 パロディ 伊澄》
ハヤテのごとく! #7「男の戦い」感想 (サブカルなんて言わせない!)
ハヤテのごとく!初めてのリアル更新! 毎週日曜はなんだかんだ用事があって リアル更新が出来なかったわけですよ このブログの数少ない長所なのに・・・ 来週はまた夜更新になりますけどw ナギの婚約者ワタルは伊澄が好きなんですが 肝心の伊澄はハヤテに...
ハヤテのごとく! 第7話感想 (AAA~悠久の風~)
ハヤテのごとく! 第7話感想いきます。
ハヤテのごとく! 第7話 (方丈にて徒然なるままに)
今回は、展開自体は原作どおりでしたが、前回スルーされていた咲夜を使って、上手くオリジナルのオチに使ってきましたね。「地下鉄駅でパスポートを出してリオデジャネイロまで」このネタが今回一番のツボでした(笑)。実際の小人料金は、小学生までですけどね。
ハヤテのごとく! 第7話「男の戦い」 (ネギズ)
最近、西沢さんが注目されないんだな。 もうちょい出てほしい。 まあ、話と全く関連性がないんだけどね。 でもまあ最後のワンシーンで出てくるから良いか(ぉ
[ハヤテのごとく!]第7話 男の戦い (もえろぐ)
「ハヤテのごとく!」第7話です。 突然ハヤテたちの前に現れたナギの許婚ワタル。 ハヤテは特に何とも思わないのですけど ナギは勝手にハヤテが怒っていると妄想w 思いっきりすれ違ってますな・・^^; ナギとワタルが喧嘩しながら大騒ぎしていると 伊澄ち...
(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第7話 「男の戦い」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
ハヤテのごとく! 01 ナギの許婚だったワタル。だが、ナギはそのことを必死になって否定しようとする。ナギは自分に許婚がいることを知り、ハヤテが怒ってしまったと誤解しているのだ。さらに、ワタルにもある事情があった・・・。
ハヤテのごとく!  第7話「男の戦い」 (せつけんのアニメ日和)
いきなりサービスシーンキタァ~~~~~~!! しかもサキさん!! クラウスさんは、咲夜に説教喰らっているし・・・ 「メガネメガネ・・・」ってなんて古典的な・・・ でたった30秒くらいしか出ていなかったし・・
(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第7話 「男の戦い」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
ハヤテのごとく! 01 ナギの許婚だったワタル。だが、ナギはそのことを必死になって否定しようとする。ナギは自分に許婚がいることを知り、ハヤテが怒ってしまったと誤解しているのだ。さらに、ワタルにもある事情があった・・・。
ハヤテのごとく! 第7話 (パズライズ日記)
今回は、ハヤテの借金がまた増えてしまうお話でした。 この期に及んでまだ借金が増えるとは、ハヤテの両親恐るべし(笑)。 ワタルは何気にいい奴みたいですね。 朝から三千院家は賑やかなことですが、その前にアバンの咲夜と執事長クラウス。 一体何やってるんでし...
ハヤテのごとく! 第7話「男の戦い」 (MAGI☆の日記)
ハヤテのごとく!の第7話を見ました。第7話 男の戦い「えっと、許婚って親が決めた結婚相手というか…」「えぇ、フィアンセってことですわ」ワタルはナギの許婚であった。「成程、でもお嬢様ってちゃんと彼氏がいたんですね」ナギに許婚がいることに対し、生活観の違いを....
ハヤテのごとく! 第7話「男の戦い」 (■■テラニム日記2■■)
伊澄のことが好きなワタルが(伊澄に気に入られてしまった)ハヤテに決闘を申し込むが… ちょっとハヤテ君、何ですかその剣さばき?(^^;指二本で白刃取り   ってなわけで    ワタルのごとく!
ハヤテのごとく!第7話「男の戦い」 (福音を告げる場所)
今週のハヤテのごとくの感想。ヒナギク様は出ないけど。
ハヤテのごとく! 第07話 「男の戦い」 (Moon of Samurai)
 ネコミミモード♪  ネコミミモードでぇ~す♪  キス……したくなっちゃった……  まごうかたなき犯罪です。百万回通報しますた。皆さんも自分の気持ちに正直になりすぎるのは危険ですので御注意ください。
ハヤテのごとく! 第07話「男の戦い」 (TipGatherEngine)
勿論このタイトルはエヴァをパクってる訳で… ニコはやっぱエエ KOTOKOってww KOTOKOと誰が戦うんですかw
ハヤテのごとく!・第7話 (たこの感想文)
「男の戦い」 すげぇ…こんなに短いタイトルのときもあるんだ!!(驚くところ、そこ
ハヤテのごとく! 第7話 (アミューズエイド)
 ちょwwwwwwいきなり、サキさんのサービスカット( ゜∀゜)≡3  これは立派な深夜番組だ(ぇ  咲夜、クラウスのおっさんにやっさんのネタを教えるのはいいけど、メガネ落としてないぞwwww  クラウスの出番\(^o^)/オワタ  第7話...
ハヤテのごとく! 第7話 (おちゃつのちょっとマイルドなblog)
ハヤテのごとく!第7話、「男の戦い」。
■ハヤテのごとく! 第7話「男の戦い」 (DYG0アドベンチャー)
■ハヤテのごとく! 第7話「男の戦い」冒頭は若本皇帝の分かりやすいあらすじを踏まえ、サクにレクチャーを受けて出番を増やそうとするクラウスより。よりにもよってサクに相談したのがクラウスの最大の間違いでした。出番の無い者が出番の無い者に教えをこいても・・・...
ハヤテのごとく! 7話 「男の戦い」 感想 (月の砂漠のあしあと)
「ハヤテのごとく!」キャラクターCD(2)/マリア 最近ロクに出番が無い上に、咲夜に説教されてる、クラウスが哀れ・・・、今どき『あ~メガネ、メガネ・・・』は、ある意味捨て身ではありますが、パンチは全くないような気がしますぞ☆ ていうかツッコミ不在のボケを延...
ハヤテのごとく! 第7話「男の戦い」 (エンドレス・ナイトロード)
<あらすじ> ワタルは、ナギの許婚であった。ナギに許婚がいることに対し、生活観の違いを再認識し感心するハヤテ。だが、ナギはそのことを必死で否定する。ナギは、ハヤテが自分に許婚がいることを怒っていると思い込んでしまっていたのだ。さらに、ワタルはワタルで、...
ハヤテのごとく! 第07話 「男の戦い」 (アニメって本当に面白いですね。)
ハヤテのごとく!   現時点での評価:3.0~   [ラブコメ ギャグ漫画]   テレビ東京系 : 04/01 10:00   AT-X : 04/22 07:30~   原作 : 畑健二郎(『週刊少年サンデー』連載中)   監督 : 川口敬一郎   キャラデザ : 堀内修   シリーズ構成...
ハヤテのごとく! 第07話「男の戦い」 (紅蓮の煌き )
ハヤテのごとく!第07話の簡易感想です。 とりあえず伊澄GJww キャプは出来るかわからないので一応保留で( 後でもう少し丁寧に書き直すかもしれません((((
ハヤテのごとく!・第7話 この親はどうせ他の店でもやってんだろうな (睡魔と戦うのって大変だ)
ハヤテのごとく!第7話 「男の戦い」その感想です
ハヤテのごとく! (かえでのブログ)
ハヤテのごとく!ハヤテのごとく!は、畑健二郎の漫画。週刊少年サンデー2004年45号から連載されている。ラブコメディーの体裁をとっているがギャグ要素が非常に強く、伏せ字を用い他の事象(主にサブカル)を揶揄するブラックユーモア的手法がよく採られ...