薪ストーブと高齢者の日々

薪ストーブを焚く外は何もせず、暇になると庭の花々を
眺め、気が向けば薪探しに出かける、年寄りのひとり言。

敬老の日・・・

2016-09-19 17:24:10 | 年寄りのひとり言

  

 今朝も冷えたねぇ~ポータブル焚いたよと、カミさんの友人が「ボタモチ」を届けてくれた・・・

薪ストーブは未だ焚いていないが今日は敬老の日か・・・

 祝日に興味が無く、気にもしていなかったが、会社を退職し年中休日になって数年経ち、後期

高齢者と言われるようになり、初めて「老人」とはと疑問を持つようになった・・・

国民の祝日に関する法律により昭和41年に9月15日を「敬老の日」と設定、対象年齢はない。

老人福祉法では65歳以上を対象として9月15日を「老人の日」に、9月15日~21日を老

人週間と定めているようだが、「多年にわたり社会に貢献してきた「老人」を敬愛し、長寿を祝う」

と定めて出来た敬老の日は9月15日から9月の第3日曜日となり、1昨年は16日・昨年は21日。

 65歳以上の高齢者推計人口は3.461万人、男性1.499万人・女性が1.962万人と言うが

65歳になっても働いているカミさんの友人は、勤めている介護施設に祝日休みはなく、出勤前に

けてくれたので、昼に頂いたが美味しかったよ・・・

                                       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムロが浸水・・・ | トップ | 秋の空・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

年寄りのひとり言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。