薪ストーブと高齢者の日々

薪ストーブを焚く外は何もせず、暇になると庭の花々を
眺め、気が向けば薪探しに出かける、年寄りのひとり言。

焚き方色々・・・

2017-01-25 15:13:01 | 薪ストーブ

  

 最低気温が氷点下まで下がらずとも、霜が降りるようになると寒いといって薪ストーブを焚き始め

最低気温が氷点下10℃の日も20℃の日も寒いから、といって焚く。

 薪や焚付けを作る手間が少でも減らそうと、昨年は時々カセットガスストーブを使っていたが、今冬

から最低気温に係わらず、朝はポータブル石油ストーブを使うようになったが、曇りや雪の日は午前

8~9時頃から薪ストーブに切り替え寝る直前まで焚く。

 晴れた日も同じように石油ストーブを使うが、南窓から射しこむ陽光で暖められるので、10時前後

に石油ストーブを止め、薪を焚くのは午後3時過ぎからになり、いずれも1日1回の焚付けで済む様

になった・・・歳を取るにつれ、ものぐさが進む・・・

                                         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年々歳々・・・ | トップ | 冬半ば・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

薪ストーブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。