薪ストーブと高齢者の日々

薪ストーブを焚く外は何もせず、暇になると庭の花々を
眺め、気が向けば薪探しに出かける、年寄りのひとり言。

容易ではない・・・

2016-10-17 15:51:27 | 年寄りのひとり言

  

 土日、台風で倒れた木を片付けるべく親戚の雑木林へ・・・白樺とヤチダモが倒れていた。

 まず白樺からと適当に切り始めたが直ぐにチェンソーが挟まって動かなくなりニッチもサッチモ行かなく

なってしまい、アーデダでもない、コウダでもないと何とか引き抜き、この辺からと切りだしたがまたも挟

まってしまい、幾らも切らない内に昼になってしまった。

 2時間もすれば何とかなるだろうと思ってひる飯を持って行かなかったので、仕方なく約10キロさきに

ある隣村の道の駅で食べるべく向かった所、先日の台風の影響からか2か所も通行止めとなっており

仕方なく何時も混んでいるので敬遠していた近くの食堂に30数年振りに行きジンギスカンを食べて現場

に戻り約2時間、何とか切るには切ったが玉切ったものはそのまま、それを道端まで出すことが容易でな

いことに気がついてうんざり・・・身体のアチコチが痛いので今日は休み、あと何日掛る事やら・・・

                                            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動いたので・・・ | トップ | 倒木で薪作り・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。