薪ストーブと高齢者の日々

薪ストーブを焚く外は何もせず、暇になると庭の花々を
眺め、気が向けば薪探しに出かける、年寄りのひとり言。

倒木で薪作り・・・

2016-10-19 14:45:17 | 年寄りのひとり言

  

 先日、台風で倒れた白樺を約2時間かけて枝を払い玉切りした疲れが残っていたのに昨日の午後、

好天に誘われ片付けに・・・約35糎に切った玉大小30個、藪をかき分け運び出して割った。

 根元の数株は老化(ボケ)ていて軽く、斧が入ったところから水が滲みだし刺さったままで思う様に割

れずクサビを使うも、容易に割れず時間が掛って積むことは出来ず、5株ほど残ってしまので、来春ま

でそのまま置き、玉から少しでも水分を抜いて、再挑戦するつもり・・・

 倒れた原因は老化(ボケ)によるものと思われるが、切って運んで割ってを爺・婆二人で正味約4時間

改めて薪の有難さを痛感させられた・・・

                                           にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 容易ではない・・・ | トップ | 鬼が笑う?・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。