水徒然2

主に、水に関する記事・感想を紹介します。
水が流れるままに自然科学的な眼で解析・コメントして交流できたらと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「水」とはどのようにあるべきか?に係る記載(その2:マイクロプラスチックによる海水汚染は進んでいる)

2013-01-24 | 生物多様性・生態系異変関連

'13-01-24投稿

MSN産経ニュース
「英国、沿岸の魚の36%にプラスティック片発見」によれば、
2013.1.2413:45(一部割愛しました。)

「英国プリマス沖で採取された魚のサンプルの36.5%から、プラスティック片が発見された。大部分は衣服や生理用品に使用されている合成繊維、レーヨンだ。・・・

プリマス大学と英国海洋生物学協会の研究者たちが、英国海域でプラスティックによる汚染が拡大中だと注意を喚起している。プリマス沖で採取された魚のサンプルの1/3から、プラスティック片が発見されたという。

 「Marine Pollution Bulletin」に掲載された論文(PDF文書)では、イギリス海峡で発見された10種の魚からプラスティックが見つかったことに注目している。調査をした504匹の魚のうち、36.5%にプラスティックが見つかった。

魚の体内にこうしたプラスティックが蓄積すると、消化器官を詰まらせてしまうほか、魚が空腹を感じないために食物を取るのを止めてしまう可能性もあると研究者たちは指摘している。プラスティックと一緒に汚染物質が蓄積される可能性もある

調査対象となった魚は、プリマス南西10kmの沿岸、深さおよそ55mの場所から採取された。184匹の魚で、消化管から合成ポリマーが発見された。それぞれ、1個から15個のプラスティック片が見つかっている。

 魚から摘出された351品目を特定するためにスペクトロメータが使用された。それらの大部分は、衣服や生理用品に使用されている合成繊維であるレーヨンだった。そのほか、ポリエステル、ポリスチレン、アクリルなどのプラスティックも含まれていた。

 現在、石鹸、スクラブ洗顔料、シャワージェルなどの化粧品や洗浄用品から、マイクロプラスティックを除去するという取り組みが進んでいる。環境保護グループの間で海洋汚染におけるマイクロプラスティックの存在に関心が高まっていることを認識したユニリーバ社は2012年12月、「マイクロプラスティック(マイクロビーズ)の使用を2015年までに停止する」発表した
 ※ペレット状のプラスティックには、DDT、PCB(ポリ塩化ビフェニール)といった毒性の高い物質を引き寄せる性質がある。さらに、プラスティック自体からビスフェノールAのような内分泌撹乱物質(環境ホルモン)が溶け出す危険性も指摘されている。プラスティックの大半は生分解されないため、海洋の食物連鎖の要となるプランクトンの体内にも微細なプラスティック片が存在することが確認されている(日本語版記事)。」という。本文詳しく見る



⇒海水の酸性化、重金属汚染、放射能汚染など以前から心配していましたが、魚にプラスチック片が発見されることはよく考えてみればありえますが、マイクロプラスチックには特定化学物質DDT、PCB(ポリ塩化ビフェニール)といった毒性の高い物質を引き寄せる性質があるというとは!

 また、石鹸、スクラブ洗顔料、シャワージェルなどの化粧品や洗浄用品から、マイクロプラスティックを除去するという取り組みが進んでいるというこの種のマイクロプラスチックとは?

 サブミクロンレベルの界面活性剤、ラテックスなどの類なのだろうか??

この種のものでアニオン(-)、カチオン(+)性の場合は電荷が異なるプラスチック片にも電荷的に吸着し易いと想われます。

いずれにしても、プラスチック、プラスチックの破片、マイクロプラスチックなどよる海の汚染は物理的な影響と有害物質による化学的な影響があるようです。


 日経サイエンスによれば、毎年何百万トンも捨てられているプラスチック粒子を食べると,製造時に添加されていた化学物質が健康を脅かす恐れがある。さらに,海水中を浮遊するプラスチック断片は有害物質を引き寄せて周囲の海水に比べて100~100万倍に濃縮するという。

 個人的には、なぜこのようなプラスチックが捨てられているのか不詳ですが、不法投棄?などによってプラスチックボトルなどプラスチック破片がわが国の沿岸に押し寄せられて、魚網に引っかかり物理的な悪影響を及ぼすことは周知ですが、このような一連のプラスチックに含まれる環境ホルモン、DDT、PCB(ポリ塩化ビフェニール)など特定化学物質などによって、化学的に海が汚染されて、海生生物よる食物連鎖がないように、酸性化、重金属汚染、放射能汚染と同様に環境水の浄化が望まれます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異常気象など天変地異に係る... | トップ | エアロゾルに係る記載を調べ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。