水徒然2

主に、水に関する記事・感想を紹介します。
水が流れるままに自然科学的な眼で解析・コメントして交流できたらと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天然水の組成と味覚および効用との関係について

2012-05-02 | 水とはどのようにすべきか

 近年、日本の名水百選など天然水の味覚および効用が注目されています。

 しかし、天然水の組成と味覚、効用について、

それらの因果関係は必ずしも明確ではないと個人的には思っています。

 「水の組成」によって

pH (水素イオン濃度)、EC(電気伝導度)、ORP(酸化還元電位)

が変化します。

水質の簡易測定関連
水素イオン濃度(pH)に係る記載
電気伝導度(EC)に係る記載
酸化還元電位(ORP)に係る記載

 また、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の量によって

硬度が変化して、

一定基準よりも高いものは硬水、低いものは軟水と呼ばれています。  

 今後、水組成」および味覚および健康に関する効用について

 個人的に記録していきたいと思っています。

参考文献:

ミネラルウォーター類における化学物質等の成分規格の設定等について

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000ypmm-att/2r9852000000ypq9.pdf

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食料自給を観点にして「農業... | トップ | 水関連熟語「水を含む熟語」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。