パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫




パチンコ日報を移転いたします。

2015-06-15 04:00:00 | お知らせ
パチンコ日報は2015年6月15日より移転いたしました。

以前の記事も全て移転先に掲載しております。
お手数ですが、下記URLにブックマークまたはリンクの変更をお願いします。

移転先URL
http://pachinko-nippo.com

今後とも、パチンコ日報をどうぞよろしくお願いいたします。
コメント (3)

いつになったらカジノ法案は審議されるのか?

2015-06-14 05:14:33 | 営業1号
2020年の東京オリンピック開幕までにIRカジノを国内で開業する青写真に黄信号が激しく点灯している。

「今国会でカジノ法案が審議されることはなくなった。集団的自衛権の行使を認める安保法案が審議されているが、3人の憲法学者全員が安保法案を違憲、と断定したことが安倍首相には痛手だった。自民党寄りと思われた学者までが違憲判断でしたからね。首相は是が非でも通したい重要法案ですからね。『誰が人選したんだ』と首相は相当焦っています。カジノ法案どころではありませんよ」と話のは自民党関係者。

東京オリンピック開幕まで後5年となった。

ここに来て、メイン会場の東京国立競技場の建設を巡り、工期の関係から目玉だった屋根を設けない、という政府見解に舛添都知事が猛反発している。

オリンピック後に屋根を設けるとしているが、オリンピック後ではそんな話は反故にされることは分かっているので、屋根を付けるとしたらオリンピックに合わせることしかないことを舛添都知事も十二分に分かっているから反発する。

屋根があるとないでは使い道ががらりと変わって来る。そりゃ、屋根があった方がいいに決まっている。

では、カジノ法案が審議されるのは秋の臨時国会になるのか?

「マイナンバーが10月からスタートしますが、年金機構がサイバー攻撃を受けて大量の情報が流出しました。年金機構のホームページの脆弱性が明らかになって、再構築のために今、閉鎖しているところです。マイナンバーで全てを一元管理するのは非常に問題があることを受け、しっかりしたセキュリティーを構築するのに3〜5年はかかる、といわれています。とりあえず、限定的な範囲でスタートすることになるでしょうが、安倍首相は消えた年金問題では最後の1人までチェックして支払う、と選挙演説していましたから、それも蒸し返される恐れがある」

ということは、ことしもカジノ法案が審議される見通しはなさそうだ。

来年審議しようとすると、日本各地の火山の噴火活動が活発化しているように、今度は大きな災害によって行く手を阻まれる可能性だってある。

東京オリンピックに間に合わせる、という大義名分のタイムリミットが虚しく過ぎて行く。

しかし、東京オリンピックに間に合わせる必要は本来ない。東京オリンピックでは黙っていても海外からの観光客は来る。

オリンピックが終わってから永続的に観光客やビジネス客を誘致するためのIRカジノなんだから。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。
コメント (8)

6月13日(土)のつぶやき

2015-06-14 03:18:05 | 営業1号

緊急速報! パチンコ日報を騙った取材にご注意下さい goo.gl/iS4hHd

4 件 リツイートされました

コメント

サーフィン命からパチンコ命へ

2015-06-13 05:02:35 | 営業1号
生まれ育ったのは海のない県だった。高1の時サーフィンを覚え嵌った。卒業すると実家の建築業を1週間手伝って10万円を手にすると、残りの3週間は海に入った。寝泊まりするのはハイエース。サーフィン命。そんな生活を友達3人と半年間やっていた。

毎日でも海に入りたい。そのうち実家まで帰るのが面倒になり、浜に近いところで仕事を探した。

その時に目に飛び込んできたのが月給23万円のホールの募集広告だった。履歴書は持って行ったが、左半分しか書いていなかった。

「そんな履歴書では面接できない」と一喝された。改め履歴書を完成させて採用となる。それがパチンコ業界へ入ったきっかけだった。

仕事の前に海、仕事が終わって再び海へ。1日2回、5時間は海に入った。

遊びが9で仕事が1。サーフィンするために働いていた、といっても過言ではない。

サーフィン命仲間もそれぞれ職に就き3人で共同生活をしていた。毎日海に入ることがルールだった。そのために、恋愛禁止というルールを自らが作るぐらいサーフィンに打ち込んでいた。

ところが、仕事の付き合いで酒も飲むようになった。すると二日酔いで朝は海に入れないことが何度か続いた。自らがルールを破り、3人の間に亀裂が生まれ、共同生活は1年2カ月でピリオドを打った。

新店の出店攻勢もあり、仕事の方が忙しすぎて、遊ぶ時間もなくなっていた。

負けず嫌いで、トップを取りたい性格だったため、いつしか仕事が9で遊びが1に逆転してしまった。

持ち前の負けん気パワーをサーフィンからパチンコへ切り替えた。結果を残した。23歳で店長、25歳で3店舗のエリア長に昇格する。

900台の郊外店で月間1億8700万円の粗利をたたき出すまでになった。

「毎日ホールに出ていたらお客さんの心理が分かるようになった。閉めて、閉めて、もう店に来るのは止めようとするギリギリのところでバカだししたらお客さんはついてくる。閉め続けるギリギリの後1日耐えられるかどうかというところが見極められるようになりました。海の底に魚がいなくなったらどれだけ出してもダメ」

広告宣伝規制のはるか昔、営業は極めて攻撃型だった。夕方発表するホールが当たり前だった時代、昼から設定発表をした。

「あの店は朝から行かないとダメという雰囲気が定着しましたね。お客さんの驚く顔を見るのが楽しかった」

若かったのでたちまち天狗になった。

パチンコでトップを取るという目標を達成すると抜け殻になった。毎日、仕事そっちのけでオンラインゲームの世界でトップを取るために夢中になっていた。

家にも帰らず、寝る時間も惜しんでゲームに没頭した。

結果は店の営業成績に表れた。管轄していた2店舗がぶっこける。半年間の遊びから目覚め、店の立て直しに入るために、仕事モードにスイッチを切り替えた。

スイッチが入ると恐ろしいほどの力を発揮する。こけた2店舗だけでなく、不振だった5店舗も立て直しに成功する。

どうやって立て直したのか気になる。

「ダメなところをよくしただけ」と多くは語らない。

もともと力を持っていたのだから、立て直しはそんなに難しいことではなかったのかも知れない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。
コメント (9)

緊急速報! パチンコ日報を騙った取材にご注意下さい

2015-06-13 01:05:03 | 営業1号
12日、午後9時過ぎ、パチンコ日報を名乗る者が北海道のホールへ電話で取材の申し込みをした、という情報が入りました。

それは明らかに偽物ですので、ご注意下さい。

電話を受けたホールによると、パチンコ日報を名乗った後、今度北海道に行くので取材したい、とのことでした。

パチンコ日報が取材の電話を入れる場合、本名を名乗りますが、ニセモノは営業1号と名乗り、電話も非通知だったそうです。


本来、偽物ですから、取材と称して何かを企てているかもしれません。

なお、本物の名刺には似顔絵が入っていますので、本人確認もできます。


追記

この記事を読んだ知り合いの店長から「うちにも電話がありました」との連絡がありました。

電話は6月1日。

内容は「パチンコ情熱リーグのことで取材させて欲しい」という依頼。当日、店長は出張で不在。

店長とはケータイでやり取りをしているので、「なぜ、ホールに電話して来たのか?」と不思議に思っていたそうで、この記事を読んですぐに知らせてくれた次第でした。

ニセモノは複数に電話をしていることが分かりました。

取材の電話を入れる場合は名前も名乗ります。

営業1号とハンドルネームやパチンコ日報の者です、という掛け方をするものはニセモノですので、くれぐれもご注意ください。


追記2

秋田のホールにも電話していることが判明。秋田の方をまわるので取材したいとの電話が。その時は公衆電話だった、という。
コメント (2)