パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫

tetorayade@hcn.zaq.ne.jp


来店動機に出玉情報は重要なファクター

2014-07-28 05:51:48 | 営業1号
パチンコ業界にはユーザー向けの数々のサイトがある。ピーワールドのようなポータルサイトからホール独自のオリジナルサイト、遊技機情報サイト、動画サイト、と多彩だ。

ユーザーとしてはできるだけ勝てる情報が欲しいわけだが、では、ユーザーが一番欲しい情報とは何だろうか?

「イベント全盛期、朝一に並ぶのはイベント台狙いでした。今はイベントが禁止されて、朝一の台選びが一番悩みます。朝はまだ回転していないので、嵌っている台も分かりません。台を選ぶのが億劫になって来て、朝行く意欲がなくなってきているところです」と話すのは会社員のAさん。

Aさんは総合スーパーに勤務している。早番、遅番のシフト制で遅番の時は、パチンコを打ってから出勤するほどのパチンコ好きだった。ところが、最近は朝一から行っても台選びが面倒になってきていて、パチンコから離れようとしている。

Aさんのように朝一から並ぶ熱心なパチンコファンが、ホールから離れて行くことを食い止める必要があるが、ユーザーが欲しいデータはリアルな出玉情報である。

ホールのオリジナルモバイルサイト上で、出玉情報を閲覧できるのが、プレモが展開する「P-モバ2」だ。

「P-モバ2」はスマートフォンはもちろん、フューチャーフォンやタブレットユーザーが快適に出玉情報を閲覧することができるモバイル専用のデータ公開システムだ。

最近では、スマートフォンユーザーに限定したオリジナルアプリでの情報配信がはやっているが、P-モバ2は、特に年配者の利用が多いフューチャーフォンを排除することなく、全てのユーザーに等しく情報を発信することができる。

さらに、ユーザーが出玉情報を見る場合、月額300円かかるサイトもあるが、「P-モバ2」は完全無料で見られることも特徴だ。

写真は出玉情報の画面だ。









数字の羅列ではなく、呼び出しランプをイメージしたデザインになっているので、パチンコ・スロットファンにとってはとにかく見やすい。さらに、累計スタート、総大当たり、初当たり、確変当たり、過去最高大当たり回数、初当たり確率、最大持ち玉の項目をソートをかけて閲覧できるオリジナルのデータビューワーがあるので、抜群に検索しやすくなっている。こうしたデータを元にAさんは、ホールに足を運ばなくても翌日の台選びが自宅からでもできるようになる。

凝った画面を作り込んだアプリによっては、動きが遅く、一つのコンテンツを見るだけで時間がかかり、ユーザーのことを考えて作ったのかと疑いたくなる。こういうアプリは二度と見られなくなってしまう。「P-モバ2」は機能、デザイン、操作性の全てが「データ活用ツール」としての使い勝手を重視した作りになっている。

また、「P-モバ2」はどのメーカーのホールコンにも対応できることも特徴の一つ。同社が独自に開発したデータユニットをホールコンにつなぐだけ。初期費用やイニシャルコストもホール側のことを考えた価格設定になっている。

ホール現場が嫌がる機種の更新作業も、ホールコンとデータが連動しているので、機種の変更作業の手間もいらない。

現在使っているホールのオリジナルモバイルサイトやアプリに「P−モバ2」を埋め込むことで、出玉情報が見られるホームページに変身することができる。出玉情報があるだけで、ホールのオリジナルホームページの利用度も高くなる、というもの。

「出玉情報はユーザーが一番見たい情報であり、ホール様にとっては最強のコンテンツとなります。これを最大限に集客に活用していただくお手伝いをしたい」と話すのはプレモの岸上靖代表。

出玉情報は来店動機になる重要なファクターであることは間違いない。

デモサイトはこちらから
    ↓





人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。

コメント (5) |  トラックバック (0) | 

カジノの楽しさを知った老人ホームのお年寄り

2014-07-27 05:06:19 | 営業1号
政府は7月18日、カジノ整備に向け、新組織を設置する方針を菅義偉官房長官が明らかにした。継続審議とIR推進法案が、秋の国会で成立するために外堀が埋められていくかのようだ。

2020年には日本のどこかで統合リゾート型のカジノが誕生しているのだろう…。

ここは関東にある有料老人ホームだ。数年前からお年寄りの娯楽タイムとして、年4回ほど出張カジノを開いている。

ルーレットをはじめ、バカラ、ブラックジャック、大小などを楽しむのだが、毎回参加率が高く、大変評判がいい。

参加者には最初にチップが渡され、最終的にはチップの枚数の順位を争うもので、もちろん、おカネや賞品は一切出さない。

最初は、ほぼ全員がカジノにあるこれらの遊びを経験するのは、初めてだった。

「なぜ、今迄知らなかったのか! ゲーム自体が楽しい。おカネを賭けなくてもこれは面白い」と好評で、夫婦で参加する人の中には、「会話が増えて夫婦仲が良くなった」という声も。

頭を使うために、脳の活性化が図れるだけでなく、ゲームを通じて参加者同士のコミュニケーションが増えることも出張カジノが評価される原因となっている。

この老人ホームでは、かつては出張パチンコもやっていたが、パチンコは1人で没頭する遊びなので、今では企画されることもなく、カジノにその座を奪われてしまった。

これ、ひょっとして、リアルな世界でも現実のものになってしまうのではないか、と懸念する声も聞こえてくる。

「日本でカジノが解禁された場合、チップ1枚がいくらの設定になるか分かりませんが、おそらく1枚100円ではないかと思われます。ラスベガスには1セントスロットもあるように、ルーレットのチップが1枚10円になったら、優良なパチンコ客を相当取られるかも知れません」(業界関係者)

この関係者はカジノではもっぱらルーレット派。ディーラーのクセを掴み、勝つ自信があるディーラーの時は1投に100ドルを賭け、相性の悪いディーラーなら10ドルに下げた。

1/4〜1/6を中心に出目を読みながら賭けることで1週間で1000万円勝ったこともある。

「IRカジノは外国人観光客狙い、といわれていますが、外資のオペレーターは間違いなく、日本に眠る30兆円ともいわれるタンス預金とパチンコの19兆円市場を取りに行きますよ。昼間スロットを打っている優良客であるキャバ嬢なんかは、カジノへ流れるでしょうね。何せ、飲み物はただですから。パチンコ業界の人が思っている以上に脅威の存在だと思います」(同)

カジノとパチンコの一番大きな違いは、カジノは何でもアリ、アリなこと。

優良顧客には往復の飛行機代から宿泊代、飲食代まですべてサービスにしても、警察から文句をいわれることもないが、パチンコは優良顧客を依怙贔屓することができないのが、最大の弱点だ。

ま、これがパチンコは遊技であって、賭博ではない証なのだが。

今の営業方法では客が減ることはあっても、増えることはない。カジノの向こうを張って4号機のような爆裂機が復活することなどありえないこと。

カジノが解禁されるまでに抜本的に対策を立てなければいけないが、残された時間は少ない。勝っても負けても1万円の世界が本来のパチンコ姿だろう。おカネを賭けなくても楽しい、といわれるぐらいの機械をメーカーは開発しなければならない。

それで、ちょっとのおカネを賭ければ、さらに楽しくなる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。


コメント (17) |  トラックバック (0) | 

プロのマナーがよくなるマジック

2014-07-26 05:23:03 | 営業1号
「こんな気合が入ったグランドオープンを経験するのは久しぶり。いつも仲間と明日も来るのかと情報交換をします。普段なら『明日は分からない』と答える人もいますが、全員が『明日も必ず来る』ですからね。プロのテンションも上がりっぱなしですよ」と興奮気味に話すのはスロプロ。

先日、大阪府下に総台数500台のスロ専がグランドオープンした。グランドオープンといえば、必ずといっていいほど、地元客以外のプロ連中が集結する。このホールもご多分に漏れず、大阪中のプロが集結しているのではないかというほど。プロの目から見れば「7〜8割方がプロ連中だった」という。

プロが凄いと褒めるのはもちろん出玉だ。

「今のところ4日間連続で通っています。勝率は2勝2敗ですが、設定の入れ方が半端ではない。設定を塊で入れているので、隣同士や背面の出玉が凄いことになるんです。そりゃ、通路を通れないぐらいの出玉感がありますからね。その辺の演出が非常にうまい」

グランドオープンでも設定が入っていなければ、翌日は来なくなるが、入っていれば、グランドオープンの熱気は当分続く。

「設定が入っていることが分かっている店で打っていると、気分が良くなるんです。気分が良くなるとプロのマナーが良くなるんです。普通はタバコの吸殻は床に捨てるんですが、プロ連中が皆、ケータイ灰皿を使っていますからね。普段は喧嘩腰の連中も、この店では腰が低くなるんです。気持ちよく遊ばせてもらっているので、こちらもそれに応えたくなるんです。まさに、プロを飼い慣らしているんです。その辺もこのグループはうまいんです」

プロを飼い慣らすという表現が面白い。プロだからといって勝ち続けることはない。勝ったり、負けたりで月のトータルがプラスになれば、プロといえるのだろう。

プロを排除するのではなく、プロさえも味方につけてしまう。まさにマジックだ。

スロプロもメロメロになっているのは、出玉だけではない。「すべての人がファーストクラス」というコンセプトにもほれ込んでいる。

「接客も差別しないという意味が込められていると思いますが、実際、ファーストクラスの女の子が揃っています。出玉がよくて、接客も良ければ、また、明日も来よう、とワクワクした気分になれるんです。お世話になっている、という感謝の気持ちがあるから、プロのマナーが良くなるんですよ」

普段はプロ同士、朝、店で顔を合わせてもあいさつすることもないが、この店に来ると「おはようございます」と「お先に失礼します」のあいさつを自然発生的に行うようになった、という。

これもプロを飼い慣らす効果だろう。

出玉と接客でお客さんを喜ばせる。

当たり前といえば、当たり前のことなのに、なぜか、それができなくなったホールが多いから、業界が衰退してしまう。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。
コメント (22) |  トラックバック (0) | 

自然冷媒詐欺にご注意

2014-07-25 05:33:53 | 営業1号
経済産業省並びに環境省は、地球温暖化対策として自然冷媒を使った空調機の導入を支援している。

オゾン層を破壊するフロンガスと違って、自然冷媒ガスは、環境負荷の少ない冷媒ガスで、これらは元々自然界に存在するアンモニア・水・二酸化炭素・炭化水素・空気等を用いるため「自然冷媒」と呼ばれるようになった。地球温暖化防止が人類にとって非常に重要な世界的課題である今、自然冷媒への転換が急務になっていることは事実でもある。

実際、自然冷媒ガスを使った自販機や冷蔵庫も一部あるが、国内に設置されているエアコンは、現在のところフロンガス用で、自然冷媒ガスに対応してはいない。

この支援文句を逆手にとって、経産省並びに環境省が、あたかも自然冷媒ガスへの入れ替えを指導しているかのように偽って、自然冷媒ガスを充てんする営業活動がパチンコ業界内でも横行し始めている。

業者のセールストークは、自然冷媒ガスに入れ替えると、コンプレッサーの圧力を半分に下げることができるので、最大でエアコンの電気代が50%も下がり、なおかつ、エコ活動にもつながる、というもの。

費用は500台クラスのホールで1000万円、と決して安くはない値段だ。東電管内は福島の原発事故の補償問題もあり、他の電力会社よりも高く、電気代を下げることは切実な問題で、そこに業者がつけ込んでいるようだ。

自然冷媒ガスに対応している機器なら、実際にそのような効果は期待できるのだが、残念ながら対応していない。

フロンガス用に自然冷媒ガスを充てんしてしまうと、コンプレッサーはそのガスには対応していないので、圧力が上がらず、コンプレッサーが回り続けるために、かえって電気代が高くなった、というケースが報告されている。

東京のホールでは自然冷媒ガスに入れ替えてトラブルになり、裁判になったケースもある。

こうした詐欺まがいの事件を受けて、経済産業省並びに環境省は、7月11日付で、ホームページ上に次のように注意喚起を促している。

最近、「経産省・環境省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ。当社のホームページは経産省・環境省のホームページとのリンクもあり、信用できる企業だ。」として、現在お使いのエアーコンディショナーに充填されているフロン類の入れ替えを勧誘する事例があるとの情報がありました。

経産省・環境省として、現在使用されているエアーコンディショナーに冷媒として充填されているフロン類を、フロン類以外のものに入れ替えるよう指示していることはありません。また、このような勧誘を行う企業は、経産省・環境省との関係は一切ありませんので、 ご注意ください。

フロン類の一種(HCFC)(※1)については、オゾン層保護法(※2)に基づき平成32(2020)年までにその生産及び消費を全廃することとされていますが、これは、現在使用されているエアーコンディショナーに冷媒として充填されているフロン類を、平成32(2020)年までにフロン類以外のものに入れ替えるように規制するものではありません。

また、来年度施行予定の改正フロン法(※3)については、業務用冷凍冷蔵・空調機器の管理者に対し、冷媒フロン類の漏えい防止等の管理の適正化等を求めていますが、これは現在使用されているエアーコンディショナーに冷媒として充填されているフロン類を、フロン類以外のものに入れ替える、又は当該機器を取り替えるように規制するものではありません。

※1 HCFC:ハイドロクロロフルオロカーボン
※2 オゾン法保護法:特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律(昭和63年法律第53号)
※3 改正フロン法:フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(平成13年法律第64号)

※ 環境省においても同様の注意喚起を行っております。


「アンモニア系は有毒ガスで、プロパン系は可燃性が高く漏れたら発火する。パッケージエアコンはガスも含めて絶対改造したらダメです。何かをいじれば、全部をいじることになり、結果的には節電もできなくなります」(空調メーカー関係者)と警鐘を鳴らす。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。
コメント (4) |  トラックバック (0) | 

押忍!番長2の後継機​である押忍!サラリー​マン番長なら絶対に大​ヒットするのか?

2014-07-24 05:11:57 | スロキチ
いよいよ、押忍!番長2の後継機である押忍!サラリーマン番長が9月初旬にデビューする。

新筐体になり、主役は銭形2の手錠のように液晶の左右から出てきて合体する役物やリールに上下になるシャッターを新たに搭載している。

舞台が学生からサラリーマンになり、キャラクターもサラリーマンにまつわるものになっている。

純増枚数が押忍!番長2の2.0枚から2.8枚にアップされ、ATは頂RUSH、絶頂RUSH、頂SRUSHと3種類あり、役物も新たに加わったことなどから、秘宝伝〜太陽を求める者達やエウレカセブン2でも思われたように業界内では大ヒット間違いないとされていますが、どうなんでしょうか?

押忍!番長2がヒットした3年前は、純増2.0枚でゲーム数解除のモンキーターンがヒットしていて、押忍!番長2はモンキーターンとの比較となり、当時の最高スペックである純増2.0枚で登場して大ヒットしました。

現在、純増2.8枚、疑似ボーナス、ゲーム数解除の押忍!サラリーマン番長のスペックは普通で、このスペックは今のパチスロではヒットしていません。

逆に、押忍!サラリーマン番長がヒットすると思っている業界人は、どの根拠をもって、ヒットすると思っているのでしょうか?

パチスロはシンプルで単純なほうが良いという持論とは真逆の複雑になったゲーム性とガチャガチャになった筐体を見て、とても魅力的には感じませんでした。それと、筐体に役物が加わったことなどにより、価格も高くなっています。

直接ATに突入することもありますが、基本的には疑似ボーナスを経由してのATは吉宗の設定1の1/541よりもはるかに重くなっていて、なかなか入らないのに、3種類のATを設けても、ATに入らないストレスがたまるだけだと思います。

頂SRUSHを設けたことによって、通常ATである頂RUSHの期待感が薄れます。これは、吉宗でも超高確を設けたことによって、高確での期待感が薄れたのと同じようになるのではないかと思います。

疑似ボーナスとATの設定1での合算確率は1/200と尖っていないので、連チャンする仕様にはなっていないと思われます。

新しい番長を打ってみたいという期待も多くあると思いますが、期待が大きければ大きいほど、期待に応えることは難しく、期待感はややもすれば、失望感へと変わってしまいます。

押忍!サラリーマン番長に斬新なスペックや画期的なゲーム性を期待しましたが、それほど目新しさがなかったのではないかと思っています。

それでも、番長というコンテンツ力は集客力、打ちたいニーズなどは群を抜いていて、導入しなければならない機械であることは間違いなく、うちのお店でも1列の発注をしましたが、私が吉宗で勘違いしたように、押忍!番長2の後継機だからという理由だけで、押忍!サラリーマン番長が大ヒットするのではないかというような過度な期待は禁物だと思います。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。
コメント (20) |  トラックバック (0) |