TETORA

TETORA’S ROOMへようこそ♪

ヘアドネーション

2017-05-18 11:21:22 | Weblog
少し前(年明けくらい)のお話になるのですが…素敵な事を試みた女の子のお話をご紹介したいと思います。

TETORAのお客様に、小学生の頃からカットに来てくれているMちゃんという女の子(現在中3)がいます。
いつもわりと長めのロングスタイルをキープしていたのですが、何故か突然髪をバッサリ切ると。
特にここ最近は、ほとんど前髪しかカットしていなくって、ずっーと伸ばし続け、腰くらいまで伸びた超長〜い髪を、今回は肩上のボブにというオーダー。
なんで?どうしたの?って普通聞きますよね??
そもそも、こんなにこんなに長〜く伸ばしていたのは、理由があっての事…


その前に、皆さん、「ヘアドネーション」って活動聞いたことありますか?
簡単に説明すると、小児ガンや白血病、先天性の無毛症、不慮の事故により、髪の毛を失った子供たちや女性達に人毛100%の医療用ウィッグを無償提供している活動です。

バッサリ切る理由は、その「ヘアドネーション」の活動に自分の髪を寄付する為だったのです。
Mちゃんは、今回40センチの髪を提供しました。
最低31センチ以上という規定があって(もちろん、31センチ以下でも転売などによって間接的に製作費として役立てられます)長ければ長いほど不足がちというのが現実のようです。
その為に伸ばすだけ伸ばしていたのです。

この活動の事は、なんとなく知っていましたが、詳細までは知らなかったので今回の事で私も勉強させていただきました。
Mちゃんの行動はすごいなって‼︎感動すら覚えました。
これを機に、TETORAも「ドネーションサロン」に登録申請し、現在登録待ちです。

実はお客様や身近な方の中にも、実際にガンを患っている方や、抗がん剤治療の影響で抜け毛を気にしていらっしゃる方がいたりします。

少しでも、誰かのお役に立てるのならば…と。
これからもこういった活動に着目し、自分自身はもちろん、お店としても活動していきたいと思います。

素敵な活動を教えてくれたMちゃんに感謝です。『Mちゃん、ありがとう‼︎』
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「畑一さん」家のみそづくりの会 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL