テッシーさんブログ

旅行の思い出

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィレンツェに行く 5日目

2017-02-12 11:30:01 | 旅行

5日目

ウフィッツィ美術館、ヴェッキオ橋を渡ってサンタ・マリア・カルミネ教会を見物する

ホテルからシニョリーア広場に行く

 

 

 ヴェッキオ宮殿

 

ヴェッキオ宮殿前にあるサヴォナローラが処刑された場所を示す銘板

 

 

 

 

 ネプチューンの噴水

 

ダビデ像のレプリカ

 

 

 ロッシア・デ・ランツィ

 

 

 

 

ウフィッツィ美術館に入る

以前来た時は入場するのに1時間程待たされたが今回はすぐに入れた

現地ガイドの中野さんから説明を受ける、2日目~7日目まで6日間案内して貰った。年号、地名、名前がスラスラ出てくる案内ですばらしいガイドであった。せっかくのガイドであるが残念ながら右から左で覚えていられない

 

廊下、彫刻が沢山展示してある、ここはただ素通りするだけだった

 

ジョット「オニサンティの聖女」

 

チマブエ「荘厳の聖母」

 

マゾリーノ「ウミルタの聖母」 オッパイんp描き方がチョットおかしい

 

ポティチェリ「受胎告知」

 

ダ・ヴィンチ「受胎告知」

ヴェロッキオ「キリスト洗礼」

 

天使はダ・ヴィンチが描いたという

 

ボッティチェリ「春(プリマベーラ)」 

 

ボッティチェリ「ヴィーナス誕生」

ボッティチェリ「マギの礼拝」

 

ティツィアーノ「ウルビーノのヴィーナス」 

 

カラヴァッチョ「イサクの犠牲」

 

顔の描写が素晴らしい

 

カラヴァッチョ「バッカス」

 

トリブーナ(八角形の部屋)「剣闘士」、「メディチのヴィーナス」、「スキタイ人」

 

ギルランディオ「マギの礼拝」

 

 

 カルヴァッジョ「メドゥーサ」

 

眠るアリアドネ

 

廊下から見えたヴェッキオ橋

 

左右の建物が美術館、美術館はコの字形になっている

 

美術館を出てヴェッキオ橋を渡る

 

橋の中間、以前来た時、写真を撮るのに夢中になり団体と離れ迷子になってしまった苦い経験がある

 

 

対岸、ヴァザーリの回廊が見える、このツアーの募集の時はここを通ることになっていたが安全対策工事中で通れなかった、ここを通るのでこのツアーを選んだ理由の一つであったが仕方ない

 

この店で昼食を食べる

 

サンタ・マリア・カルミネ教会を見物する

 

アダムとイヴの誘惑

 

アダムとイヴの楽園追放

 

貢の銭

 

ペテロの磔刑

 

新信者の洗礼

 

中庭

 

タクシーにてホテルに戻る。部屋の前でドアーを開けようとするが開かない、今まで何度も開けて開けられたのにどうしてだろう?

ホテルの人に来てもらったら、いとも簡単に開けてしまった。また開け方を練習する

 

夕食に行く

 

 

ケネディの写真があった。

 

ムール貝とアサリ入りトマト風味のリガトパスタ、今回旅行で一番美味かったパスタである

参加者の一人は胃を休めるのでホテルに残り食べなかった人がいた、翌日はその人に昨夜のパスタは美味かったと言い皆でからかった

 

舌平目のフライ、これも美味かった

 

レモンとストロベリーのシャーベット、これは不味かった(ほとんどの人が食べきれなかった)

 

レストランを出て帰る途中ホテルの近くで日本語で声を掛けられた、食料品を買い家に帰る途中だという、彼女はロスに住んでいて(今はフィレンツェ)かれに英語を教えているという。えいご、イタリア語、日本語と言葉が話せる、すばらしい。日本語を練習するために話しかけてきたのだろうと思う。別れる間際に身分を明かしてくれた。彼女のおばーさんの姉が映画「青い山脈」に出演していた「杉 葉子」だという。私は映画を見てないのでどんな人かわからなかったが家内は知っていた。ホテルに帰りインターネットで調べたら、杉 葉子(1928年生まれ)はロスに在住しているとのこと

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィレンツェに行く 4日目 | トップ | フィレンツェに行く 6日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。