脳梗塞で身体障害者に成った人生についてと、占いと人生相談のサロン

脳梗塞の後遺症で左半身麻痺の身体障害に成ってから、社会に対する
意見や、病気に対しての考え方、人生に対する悩み解決法

51回目の市営住宅応募

2016-10-16 10:00:06 | 脳梗塞で身体障害者に成った人生について
脳梗塞に成って年金暮らしだから、家賃の安い市営住宅を申しこんでるが、14年間毎回申し込んで前回で50回目だったが、落選!

何度市長や担当課長に不公平だと10回以上抗議したが、「昔からこの遣り方だ」と、全く聴く耳持たず。昔の応募者数と現在のとは、違い過ぎるだろうが、これが公務員の責任を誰も獲らない汚ない仕事振りだ。

まして、抽選自体は、民間企業に丸投げ!これで良いと本当に思ってるのだから、公務員の無責任な仕事振りには、呆れるばかり。

全く統計も獲って無く、当選者の収入状況も調べないのだから、市営住宅に入居しなくても良い収入の人達も、多く入居しているのだ。私らの税金で生活させて貰ってる筈の公務員が、私らの為に仕事をしていないのは、市民に対する背任行為ではないか。

死ぬまでに、当選するのだろうか?と不安に成って来る。私の命もそう永くは無いのに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金にすり寄るフリッピン大統領 | トップ | 日本シリーズに思う »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL