脳梗塞で身体障害者に成った人生についてと、占いと人生相談のサロン

脳梗塞の後遺症で左半身麻痺の身体障害に成ってから、社会に対する
意見や、病気に対しての考え方、人生に対する悩み解決法

組織的な密入国も

2017-06-20 08:09:11 | 脳梗塞で身体障害者に成った人生について
日本は世界でも有名なスパイ大国と言われるが、バニラ航空の様なやり方をすれば、意図的に密入国出来る事が、日本中だけで無く、世界中に解ってしまった。

密輸団はこれでニンマリと言った感じだろう。

バニラ航空の社員が、密入国の手引き者だったら、こんなに簡単に日本に密入国出来る事は無い。本当に、ウッカリ間違ったのか?疑わしいものだ。

もう数ヶ月前の事だが、私が、セルフサービスのうどん屋さんに行った時の事。

初めて行ったうどん屋だったから、店内の様子が掴めず、その上身体障害者なので、自分でトッピングが取れないので、店員さんが手伝ってくれてた。

土曜日で昼食時過ぎていたから、店内は空いていたので、店員さんも新設にしてくれてた。漸くレジに行くと、私の前にレジに行った、若い男性が、服のアチコチを触ったり、リュックを開けたりと、そわそわしてうどん1杯のお金を出そうとしない。

短気な私は、待つ事が嫌いだし、ましてこんな、お金を何処に入れたかを探す様な人間が一番嫌い!高齢者に多いが。

私がとうとう痺れを切らして、「あ~もうもこの若者の分を私が支払いますから、店員さん清算して下さい」と言うと若者はホットした顔になり、「良いですか?有難うございます」とお礼を言って、テーブルに行きました。

後から考えたら、最初からこの若者は私の財布を充てにしてた気がします。

私より後に店に入り、すぐ前に並んで、お金を探す振りをしたのですから。私が払わなかったら、無銭飲食をする処ふぁったのでしょう。

こんな要領の良い人間がこの世には、たくさんいますし、その度に私は騙され損ばかりです。

バニラ航空も組織的な密入国かも知れませんが、日本人は人を疑わないから、間違ったで済まされているのです。

これじゃ、密入国者たちに方法を教えた様な本当に愚かですよネ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身体障障害者は何故民間アパ... | トップ | ジャニーズ王国の衰退 »

コメントを投稿

脳梗塞で身体障害者に成った人生について」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL