脳梗塞で身体障害者に成った人生についてと、占いと人生相談のサロン

脳梗塞の後遺症で左半身麻痺の身体障害に成ってから、社会に対する
意見や、病気に対しての考え方、人生に対する悩み解決法

日本に救いを求める北朝鮮の断末魔

2017-04-19 13:42:17 | 脳梗塞で身体障害者に成った人生について
ヤッパリ、拉致被害者を盾にして、日本を脅して来た様に見せてる北朝鮮だが、その実は、日本に対して、アメリカに手を引く様に説得して欲しいと言う、最後の足掻きなのだ。

日本の言う事なら、アメリカも無下に断ら無い筈と、読んでの事だが、そうは日本も素直に聞けない。今まで散々、嘘ばかり吐いて、日本からの援助物質を騙し取って来て、拉致問題は、全く解決して来なかったのだから。

北朝鮮は、最後の手段として、拉致被害者を盾に使う事など、世界中誰もが周知の事実。

頼りにしてた、中華人民共和国がアメリカ側に着いた事が、北朝鮮に危機感を強めたのだが、恥ずかしげも無く、日本に対して、救いの手を求めて来た事。

ここまで来て、もう恥も外聞も無く、勿論プライドも捨てて、ただ金正恩が、生き延びる為だけに、取り巻きの大臣クラスの人間達は、自分の命を懸けて必死に動いているだけなのだ。

日本の拉致問題担当の者が、今まで拉致問題など存在しないと嘯いて来た態度と、昨日の態度はまるで別人。金正恩から、厳しく、「日本に交渉しろ!」と叱責されたのだ。

日本は、果たしてこの好機をどう生かすか?拉致被害者を取り戻すには、この機会にしか無い!

ただ一時的核開発凍結とか廃炉等といった生ぬるいものだと、また金正恩は、必ず再開することは目に見えてるのだから、まずは金正恩と金一族の処分である。

金正恩は、公開死刑!一族は、北朝鮮国外追放だが、果たしてどこの国が、引き受けるか?

いずれにしても、もう北朝鮮は終わりだ。この断末魔を目にする事が出来て、何と幸せな事。そして拉致被害者たちも、横田恵さん以外全員帰国できる筈。

横田恵さんは、残念ながらもうこの世には居ないだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駄々っ子ガキ大将に漸く大人... | トップ | 不動産管理会社って何者! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL