脳梗塞で身体障害者に成った人生についてと、占いと人生相談のサロン

脳梗塞の後遺症で左半身麻痺の身体障害に成ってから、社会に対する
意見や、病気に対しての考え方、人生に対する悩み解決法

どうして親が、子供の虐められてる事や虐めてる事に気つかない?

2017-05-20 10:26:09 | 脳梗塞で身体障害者に成った人生について
虐めを遣ってる子の親は、親の社会でも虐めを行ってるから、自分の子供が学校内で、虐めを行ってる事に気が着かないのは、理解できるが、虐められてる子の親は、どうして気が着かないのだろうと、いつも不思議で仕方ない。

自分の子供が自殺した後で、後悔してもどうにも成らないでしょうヨ。後悔したら生き返るのか!?

最近の家は欧米化して、子供部屋が在って、親が子供と顔を突き合わせて、会話しながら食事をする事が無いのかもしれないが、責めて朝ごはんや、夕ご飯の時は、子供に一日の出来事の話を聞く習慣を、持ってもらいたいものだ。

昭和時代は、狭い家で、女の子は母親と一緒に夕飯の買い物に行って、一緒に夕飯を作ったものだし、男の子は、父親とキャッチボールをしたり、将棋を刺したりで、時間を過ごしたものだ。

この時間が、子供の学校での状態を知る大切な時間だったが、今の子供たちは、習い事や、塾通いなどで、親と一緒に過ごす時間は、殆ど無いのではないだろうか?

子供部屋に鍵を着ける事が、40年程前に論争に成った事が在ったが、親と子供の会話が日常で行われてたら、鍵を着けても良いと思うが、殆ど会わ無い家庭なら、ヤッパリ、鍵を着けるべきでは無いと思う。

確かに子供は親の所有物では無いし、一人の人間として扱うべきであるが、虐めを見せない様な子供なら、会話も無い様な家庭なら、親が子供の安全を確保する努力は、必要だと思う。

最近の子供の様に兄弟が少なく、ましてひとりっ子の場合は、一体誰に子供は悩みを打ち明ければ良いのか?

学校の先生は、教師で在って、保安員でも警察でも無いし、子供の相談に、真剣に向かい合う程暇では無い。

わが子を守れるのは、親だけだと、私は何度も警鐘を鳴らしてき来た。

この数十年間に、一体何人の子供が虐めと言う暴力団のリンチ以上の肉体的・精神的な暴力を受けて、自殺したり、殺されたか!

こんな時代なのに、未だに親が、わが子が虐められてる事に気着かないなんて、それでも親か!と私は怒鳴りたい。

わが子に自殺されて、後悔してる親に対して、傷に塩を無塗り込む様だが、死んでしまったわが子は、どんなに後悔しても、裁判しても生き返らないのだ!

自殺する前に、わが子に嫌われても体を張って守るのは、学校でも無く、教師でも無く、親しか居ない事を、もっと自覚して貰いたい。

子供部屋を、取っ払って、大きな一つの部屋にしても良いのではないか!そして、子供ともっと話をしなさい!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死亡保険なのに何故持病の人... | トップ | 孟母三遷の教え »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL