脳梗塞で身体障害者に成った人生についてと、占いと人生相談のサロン

脳梗塞の後遺症で左半身麻痺の身体障害に成ってから、社会に対する
意見や、病気に対しての考え方、人生に対する悩み解決法

振り込め詐欺に遭う高齢者って金を持ってるな~と呆れる

2017-04-21 07:45:48 | 脳梗塞で身体障害者に成った人生について
振り込め詐欺に遭うのは大抵高齢の女性。何故?といつも不思議に思う。

『良く大金を持ってるな~』と感心する。

私など、住む家も無い極貧暮らしの高齢者なのに。騙される金があるなら、私に恵んで下さいと訴えたいものだ。

夫の生命保険なのだろうか?羨ましい事だ。

私の夫は、4500万円の生命保険を、私には1円も遺してくれず、全部夫の家族に取られてしまった。

それも、私が脳梗塞でICUに入ってる時に、夫の家族によって、強制離婚手続きを勝手にされてである。

このこ事が判ったのは、夫の死後1年た経ってからで、まだ私がリハビリ入院中の事だった。それまで、私は夫の死も報されず、当然離婚させられていた事も、全く知らなかった。

夫の家族は、夫の死亡保険金4500万円で、妹は子供を大学に行かせ、両親は有料老人ホームに夫婦で入居したそうだ。

妻の私は、脳梗塞で入院中に、会社も閉鎖され、家も処分され、丸裸にされてたと言うのにだ。これからの私の人生で、お金がどれ程大切か理解できる筈の人間達がする事か!

世の中には、こんな残酷な事を平気でする、夫とその家族が居る事を、知って貰いたい。

夫が生前にも、私は出来るだけの事をして、舅・姑に尽くしたのに。何の恨みが在って、こんな非道な事が出来るのか?と、15年経った今でも腹立たしく思う。

お寺の住職は、私が裁判すると言ったら、「放って置け!必ず罰当たるから」と言ったけど、未だに罰なんか当たってないじゃないか。

裁判もせず、必死に我慢した私はどうだ!住む家も無く、3食もまともに食べられ無い状態の、極貧生活に喘いでいるのだから。こんな理に合わ無い話があるのだ。

振り込み詐欺に騙される金が在る高齢女性の皆さん!騙される位なら、私に恵んで下さい。お願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動産管理会社って何者! | トップ | 日本がテロ予備軍の隠れ国に... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL