脳梗塞で身体障害者に成った人生についてと、占いと人生相談のサロン

脳梗塞の後遺症で左半身麻痺の身体障害に成ってから、社会に対する
意見や、病気に対しての考え方、人生に対する悩み解決法

身体障障害者は何故民間アパートを貸して貰えないの?

2017-06-19 16:15:08 | 脳梗塞で身体障害者に成った人生について
私は、脳梗塞の後遺症で、左半身麻痺に成ってしまいました。

今の部屋は、リハビリに毎日通院する為に、病院の横に借りました。家賃は高いですが、通院の交通費を考えたら、高くても良いと思って借りました。

お陰で杖歩行が自由に出来るまでになり、一人暮らしも不自由無く、出来るまでいに成りましたが、杖歩行には変わり無いです。

病院が、脳梗塞のリハビリを打ち切るので、もう病院の横に高い家賃で、無理に住む事も無いと、考え、今年の初めから、安い家賃の部屋探しをしていますが、身体障害者で高齢者になった私は、どこの不動産やでも断られますが、一体私が、何をすると言うのでしょうか?

綺麗好きの私は、キッチンもお風呂も、トイレも、部屋もカビ一つ無い程綺麗に使っていますし、ヘルパーさんも来てくれますし、健常者の方よりずっと綺麗に使用しているのに、どうして差別されなければならないのでしょうか?

健常者でも、部屋を汚無く使ってる人はたくさんいいるのに!悔しいです。

差別する理由はどこに在るのでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他人に迷惑を掛けずになんて... | トップ | 組織的な密入国も »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL