テスラ研究家・新戸雅章の静かなる熱狂の日々

エジソンも好きなテスラ研究家がいろいろ勝手に語っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

テスラの無線送電、MITで実験成功

2007-06-08 22:19:37 | Weblog
 米マサチューセッツ工科大学(MIT)のマリン・ソウリャチッチ助教授のグループは、電源から2メートル強離れた60ワットの電球に無線送電し、点灯に成功したと発表した。
 その方法はいわゆる「電磁放射」ではなく、磁気的な共振を利用したもの。共振を利用することでより効率的に、また磁気の使用によって外部から影響が少ない送電を行えるという。

 これぞまさにテスラの世界システムの小型版である。世界中に送電というわけにはいかないまでも、室内で携帯電話やノートPCにコードレス給電することくらいなら可能だろう。
 MITでは、これを「WiTricity」(「ワイヤレス」と「電力」の造語)と名付けたそうだが、こは当然「World System」とすべきではないか。
 2メートル強で世界はおこがましいというなら、せめて「Tesla System」にはしてほしい。

 ソウリャチッチ助教授は名前からしてスラブ(セルビア)系のようだが、やはりテスラの業績にヒントをえたのだろうか。だとしたらなおさら「Tesla System」にしていただかないと。
 いずれにしても、テスラの先進性がまたも証明されたということで、けっこうなニュースだった。

ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/08/news021.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 唐沢俊一「新・UFO入門」... | トップ | 映画「プレステージ」初日の反響 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無線送電 (ネオ・テスラ)
2007-09-09 00:44:37
だいたいこのシステムの原理はわかりますよ。先日もある大手の住宅機器メーカーから問い合わせがありましたんで、何なのかなと思っていたんですがこれですか。
IT-MEDIAの記事は少し間違っています。「電力の送信側と受信側を、電磁的に同じ周波数で共振させる手法を利用した。共振周波数が同じ2つの物体は、エネルギーを効率的に交換できる一方、」と書かれるといかにも両方とも共振しているような表現ですけど、受け側だけ共振していればいいんです。
3.6m四方のコイルってそんなにお金もかからないし、製作は容易でしょうから、Mixiのメンバーでも実験ができそうですね。
何を今更 (集団ストーカー)
2012-01-31 08:54:38
アメリカに殺されたテスラの技術を・小規模にして利用者を増やし・シェア争いで儲ける・地球システムを遣ろうとした他国を脅し・自然を汚す化石燃料や放射能で・金儲けしながら世界を破壊する・如何にもって感じのイルミナティ達・エジソンのパワハラに耐えた聖人テスラ・凡才エジソン天才テスラ・テスラの頭脳はアカシックレコードの神の技術の頁に・直接接続出来たのかもしれない

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事