手塩family”愛”

競馬伝説Live!ナドアルシバサーバで活動する馬主会メンバーのためのブログです。

テシオの教え

2010年05月11日 19時30分10秒 | 初心者指南
競伝ナド鯖では夏競馬の真っ最中。
早い人ならもう来Sの生産準備に入っているだろうか。
今回もまた、そんな生産のお話。。
(最近はキャラを度外視して書いてますが悪しからず^^;)

さて、以前ここでフェデリコ・テシオの長期的なサラブレッド生産、牧場運営の秘訣について書いたが、今回はテシオの研究についてもう少し書いてみようと思う。

テシオは毎年の配合において、①近親繁殖、②ニックス、③最良の資質の種牡馬を選択することの3要素を重視していた。
その一方で、近親繁殖には危険がついて回ることを著書『サラブレッドの研究』において次のように書き記している―。

1.家畜における極度の近親繁殖はしばしば不妊を引き起こす。実際、他の馬よりも近親繁殖の度合いが強いサラブレッドは一般的に生産率が良くない。

2.あるものは随時新鮮な血統と配合していかなければならない。だが、それは常に十分に選ばれたものとでなければならない。

3.不妊という手段によって、自然は人間の間違いを制御したり、或いは排除したりする。

―これは、過去のサラブレッド生産における近親繁殖の成功と失敗の歴史、そして自分自身の成功と失敗の経験を分析して導き出した結論だった。

ここに言う「新鮮な血統」とは、その時代の主流ではない血統との異系繁殖を意味するところと思われるが、重要なのはその次の記述だろう。
「常に十分に選ばれたものとでなければならない。」とは、異系血統を取り入れるにあたって、それは「一流の競走成績を残したことが前提条件」ということだろう。

近親繁殖は優性遺伝子の固定化だけでなく、劣性遺伝子の固定化を進めていく危険性をはらんでおり、それによる諸々の弊害が出るため成功を引き寄せる可能性は決して高くない。
しかしながら、一たび成功すると天才が誕生し、その天才によってサラブレッドが大きく進化してきたこともまた事実なのだ。

とは言え、そうした天才がすべからく成功を手にしたかと言うとそうではない。
種牡馬となって受精能力がなかったり、母親となって不妊や流産、死産の繰り返し、というケースも多かった。また、受精能力はあったとしても、肝心の遺伝能力が限りなくないに等しい馬も多かったのだ。

つまり、強度の近親繁殖で生産された天才も、引退して種牡馬や繁殖牝馬となってから成功する可能性は未知数であり、繁殖馬としては完全な失敗に終わる危険性も内包しているのだ。
これを指してテシオは「自然は人間の間違いを制御したり、或いは排除したりする。」と言ったのだ。

もっとも、テシオ自身は決して近親繁殖を全面的に否定する論者ではなかった。
強度の近親繁殖には危険が伴うとしながらも、経営面を度外視して名馬や名種牡馬を生産することが主たる目的ならば、近親繁殖は重要な要素だとも語っている。
テシオの言葉で興味深いのは、近親繁殖をサラブレッド生産の重要な要素と位置付けながらも、一方でそれは「人間の間違い」とはっきりと認識していた点だ。
「人間の間違い」とは、つまり強度の近親繁殖が自然に逆らう行為であることを意味している。

サラブレッドの世界では、そうした人間の行為には必ず「排除」「制限」といったブレーキ作用が働いていた。
最も有名なのが「セントサイモンの悲劇」だろう。
調子に乗って強度の近親繁殖を次々に重ねていくと、自然は主流サラブレッドの肉体や精神に脆弱さを与え、遺伝能力、ひいては種の保存能力までも殺いでいったのだ。
こうした自然による人間に対して発してきた警告―すなわち、「血の警告」とも言えるものは現在に至るまで幾度となく繰り返されてきた。

血統が飽和状態に陥り、或いは特定の種牡馬の血に偏りすぎたとき、自然は必ず異系から名種牡馬を誕生させてきた。

翻ってナド鯖は・・・やはり偏りが見られるように思う。
そんな中手塩Familyではメンバーそれぞれこだわりの系統を育てており、貴重な異系種牡馬のラインナップも豊富に揃っていて嬉しい。
いつかそんな異系のヒーローが手塩Familyの手で誕生することを期待しつつ、応援したい。
(最近は自家生産馬がイマイチ活躍できないので。。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個性? | トップ | グレイソブリン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボワルセル (比翼)
2010-05-11 21:48:30
ボワルセルそしてセントサイモンの血をひくシンザンの血は絶やしてはならぬ!

ってことで誰かがんばって繋げてください^^

リボーもセントサイモンだし、手塩としてはなんとかせねば・・・。


誰かが(何
キュービクル (とらりん)
2010-05-11 23:01:25
ストームバード系の長距離砲。たどればあの馬に行き着く。もう14歳、来Sが最後なので、良かったら使ってみてください。ダービー狙えるかもよ・・・・

コメントを投稿

初心者指南」カテゴリの最新記事