てしかが自然学校

道東の弟子屈町(てしかがちょう)で、活動する日々のあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原野のもりの木育ひろば2016.10.30(日)

2016-11-02 21:54:49 | 原野のもりプロジェクト
馬による森のお手入れの第2弾。
9月の林間放牧に引き続き、風倒木を馬に運び出してもらう「馬搬(ホースロギング)」を実施しました。

今回「大沼流山牧場 Paard Musée」さんよりやってきたのは
ベルギー生まれ、ベルジャン種のオスカ君4歳。
人間の年齢に換算すると”男子高校生”くらいの活きのいい大きなお馬さんです。

原野のもりにバタバタと倒れている風倒木。
これらを、馬につないで、引っ張り出してもらいます。


流石に「馬力」とは言ったものでパワフルに引っ張ってくれていました!

前から聞いてはいたのですが、馬の通れるところであれば引っぱり出せるので
ここ原野のもりのように、カラマツの間で成長しつつある広葉樹を傷めずに済みますし
既に開通している散策路を利用すると丸太を引きずることで道がどんどん均されていきます。
うーん、もっと初期の段階に来てもらえばよかった…。
これから森を拓こうとしている方、オススメですよ!

さて、馬の作業している傍らで
いつもの木育ひろばも開催していました。

たき火では差し入れのサツマイモを焼いたり


馬と削り馬。


休憩中のオスカ君とふれあってみたり


そんな外の様子を眺めながら、室内では精油入りの保湿クリーム作りやマッサージなど
いつものセラピープログラムもやっていました。


気になっていた(かつ人力で手に負えなかった)、倒木たちが何とか片付いて助かりました!



そろそろ積雪する季節。
馬が整備してくれた場所の仕上げなどしながら
冬を迎えたいと思います。



(はぎわら)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【イベント案内】原野のもり... | トップ | 森のようちえん全国交流フォ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。