てしかが自然学校

道東の弟子屈町(てしかがちょう)で、活動する日々のあれこれ

【年間予定】原野のもりの木育ひろば2016

2016-08-23 22:23:37 | 年間行事予定
カラマツ林の整備をしながら
森の遊び場を作っている「原野のもりの木育ひろば」。
遅ればせながら、今年度の木育ひろばの予定をお知らせいたします。

■原野のもりの木育ひろば
→どなたでもご参加いただけます(小学生以下は保護者同伴)。
①9月3日(土)
②9月19日(月・祝)
③10月29日(土)、30日(日)
④12月18日(日)
⑤1月29日(日)
⑥2月19日(日)

■原野のもりのオトナ木育ひろば
→大人対象の木育プログラムです。
①9月10日(土)
②12月11日(日)
※9月は蒸留、12月は木工を予定しています。

これまでの木育ひろばの様子はコチラをご覧ください。






特に今年は
大きな倒木や倒れかけた危ない木など、人力では手に負えない作業があるので
なんと「馬」の力を借りようと計画しています。
まずは、9月中の約1か月間に林間放牧(馬による林内の草刈り)。
10月には、馬搬(馬による木の搬出)を実施しますので
木育ひろばでも、作業にあたる馬とのふれあい体験ができる回もあります。
(なので、今年度は秋に集中させています)

詳細はそれぞれの日程の前に、このブログにてお知らせいたします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネイパル北見「アウトドアフェスタ」2016.8.13(土)

2016-08-16 21:47:59 | 日記
ネイパル北見の主催事業「アウトドアフェスタ」にお邪魔してきました。

家族連れを対象に各種アクティビティが楽しめる4日間の同イベント。
1日のみの参戦ですが、木育体験コーナーとして
薪割り・たき火&マシュマロ焼きと、葉っぱスタンプのタペストリー作りを提供してきました。

見事なまでに晴れわたり、オホーツクの真夏を満喫できた一日でした。


葉っぱスタンプのタペストリー作りは
近くで葉っぱを摘んできて、アクリル絵の具で布にスタンプ。
布を固定する棒は削り馬で自ら納得がいくまで加工するというもの。

↑は見本で(はぎわら)が作ったものですが
ご参加のみなさんのは、もっと素敵なセンスの作品ができていましたよ。


ネイパル北見Facebookページでも
写真が紹介されていますのでぜひご覧ください!
写真はコチラ


(はぎわら)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みこども体験学習 2016.8.2

2016-08-02 21:46:48 | 日記
弟子屈町教育委員会主催「夏休みこども体験学習」の
進行役としてお手伝いしてきました。

弟子屈町内の子ども達が
弟子屈の仲間たちと一緒に、弟子屈の自然と文化にふれる
というこの行事
今回は、屈斜路湖畔での活動です。


和琴半島では森あるき

道東では和琴半島にのみ隔離的に生息しているミンミンゼミの声が聞けるのは、この時期の和琴ならでは。

なんで、ミンミンゼミはここだけにいるの?
それは、ここが火山で成り立って地面が暖かいから!

と、川湯エコミュージアムセンターのスタッフからお話を聞きます。


屈斜路湖には
ウチダザリガニという外来のザリガニが生息しているようだ。
釣り上げて、どんなのが生息しているかチェックしてほしい!

と、環境省川湯自然保護官事務所のレンジャーさんからの指令をクリアします。

釣ったウチダザリガニは、食材として丁寧に成仏させました。
(※同種は外来生物法による特定外来生物に指定されており、生きたままの運搬は禁止されています。)


午後からはアイヌ民族資料館に移動し
町の学芸員さんから、アイヌの暮らしについてのお話を聞いたり
アイヌ文様の切り絵づくりにチャレンジしました。
魔除けの文様だそうですので、お家に飾ってみてくださいね。



前日の大雨が上がって、何とも蒸し暑い日でしたが
大人も子どもも賑やかに楽しく過ごすことができました。
それにしても、弟子屈町内の自然・文化のスペシャリストが集結した豪華な顔ぶれ。
なかなか無い機会だったのでは。
毎年恒例になればいいなぁ、と願っています。

(はぎわら)

※行事の様子は川湯エコミュージアムセンターのブログでも紹介されています!
http://blog.goo.ne.jp/kawayu_emc/e/bfe0eacb5083c2e9bf8a6bb262862cc2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ものそとふぉーらむ・なつ2016.7.10

2016-07-15 15:01:07 | 日記
昨年一昨年に続いて
今年も、ものそとふぉーらむ(津別町)に「たき火屋さん」として参戦してきました。

昨年までは、小麦を刈り取った後の農場内での開催でしたが
今年は、近くの保育園跡地の敷地での開催でした。
天気予報は朝から雨の予報だし、そこまでの来場はないだろうと勝手に予想していたのですが…
スミマセン、甘く見てました。
用意したマシュマロが無くなってしまうほど、たくさんのご来場をいただきました。

昼ごろから雨に見舞われましたが
口のまわりをマシュマロで白くベトベトにする子がいたり
薪が割れてドヤ顔する子がいたり
勝手に火の番を買って出て居座る子がいたり
と、今年もたくさんのイイ顔に出会うことができました。


イベントは、他にもたくさんの、ものづくり・飲食のブースがありました。
詳しくは、ものそと研究所Facebookページもご覧ください!

■ものそと研究所
https://www.facebook.com/monosoto.labo/


(はぎわら)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふるさと学習(和琴半島散策)2016.7.8

2016-07-15 14:41:50 | 日記
奥春別小学校のふるさと学習のお手伝い。
毎年、町内のどこかに行っていますが(2014年の様子2015年の様子
今年は、和琴半島へ。

学校周辺はどんより曇っていたそうですが
屈斜路湖周辺は、素晴らしい晴天です。


散策路は昨年工事が入ったので、高いところが苦手な子どもも安心。


和琴半島の散策路(1周約2.5㎞)は
ただ歩くだけなら1時間もあれば歩き終えてしまうのですが
みなさん「何これ~?」とナイス好奇心。
2時間以上かけて歩き、用意した「ナニコレBOX」も満杯にしてくれました。



こうして、森歩きを楽しんできたわけですが
バスで30分程度移動した場所に屈斜路湖を一望できる抜群のロケーションがあって
仲の良いお友達同士でお弁当が食べられる。
これだけでも、ふるさと学習だよなぁとオニギリをほおばりながら考えていました。


また来年、ご一緒できますように!

(はぎわら)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加