ロードバイクで走って読んでアウトドア

ロードバイク、ジョギング、Swim、読書、Flyfishing、キャンプ、テニス、PC、Zaurusで遊ぶ遊ぶ。

AIの浸透で思うこと。

2017年11月06日 22時05分27秒 | ビジネスネタ

AIの発展で大きく環境がこの数年で変わると
思う。先日、ニュースで銀行員の大幅リストラ
が報じられた。finteckの浸透により、金融事態が
コモディティ化され、特別な色分けが無く
なり、お金を動かすことのハードルが下が
ると金融そのものもが、質実剛健の信用世
界で成立してきたものが、大きく揺らぐ。

コンプラが厳守される業態ゆえに、人的リスク
を排除するため、新たなシステム投資が確立
されれば、人的業務で取り組んでいた部分は
大幅に削減されるであろう。それに伴い、金融
法も変えていくことが必要。

AIのここに来ての進化は、ムーアの法則の勢い
を超えて来ているように思える。

人々は、5年でタブレット、スマホという携帯
頭脳から、だんだんと五感に近づく、サービス
へ志向が変化していくだろう。
音声認識が身の回りでは、顕著で恐らくこの
2、3年で音声による指示、確認、処理、連絡
は、ざっくりとした感触で全体量の8割を
肩代わりするなではないかと思う。

今、スマホ、タブレットのスクリーンから投入
しているデータは、手入力がほとんどで、入力
体系がフリックを使って楽にはなったとは言え
その不便さを甘んじて、不都合もなく多くの人
が享受している。
しかし、この方法は、もともと不便きわまりな
いのだから、音声入力が楽に使える環境と
リテラシーが整えば、加速度的に変わってくる
と思う。

Facebookは、脳波で人の思考を判別するよう
な仕組みを作ろうとしている。
目線の動きを読み取り、何かの示唆を汲み取る
仕組みや口パクの口の動きで言葉を読み取り
指示に反映する仕組みなど出てくると面白い。

こんなことが現実に起きそうであるから、面白
い。恐らく、こんな五感に訴える機能も、
遅かれ速かれ、WEBサービスの一つとして、
API的なものが提供され、サービスのマッシュ
アップで、無料か低額で世の中に展開さらる
かもしれない。

車の自動運転や、自動制御する機能など3年前
には、世の中に響いていなかったもので、
グーグル、アマゾンのような多くのクラウド
資産を使うことにより、処理能力が爆発的に
進化したいるように思える。

いろんなアコギなビジネスの溜まり場で
あってはならない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電子書籍で読む事を考える。

2017年10月29日 05時51分08秒 | ビジネスネタ
電子書籍で読書をすることを考えてみる。

読書は、作者の思考、思索を論理的に整理
し、長い文章にまとめたものを、読み手
が解釈し、理解し、自分自身の思考、思索
をより豊富にしていくものだと思う。
この目的やそうしたいというものを満たす
のであれば、形はどうあれ、電子媒体で
読んでも良いものである。

紙の本は、そのページをめくる紙の質感が
良く、本を読んでいるなという気分が
高まる。生まれてこの方、本を読むという
のは、この方法でしか提供されてなかった。
この習慣しか知らないので、電子書籍で
本を読むという事には、違和感があり、
読んだ気持ちにならないような印象が
ある。

紙の本は、それさえあれば、いろんなところ
で読むことが出来き、これを長く持って
いれば、100年後でも自分と違う人も
見ることが出来る。
ただ、贅沢な環境を持ち合わせている現代
では、紙の厚い本を持ち歩かなくても
スマホやタブレットに保存しておけば
複数の分厚い本を手軽に持ち歩ける。
大きな利点である。

自分は、元来、一度に複数の本を並行して
多読できるような器用さが無いので、
紙の本を持ち歩くのは、一冊である。

しかし、電子媒体であれば、何冊も持ち歩く
ことが出来る。私自身が何冊も同時期に
読めるかは、別として。

利便性と好奇心を複数併せ持つと、
その思考の広がりも変わるような感じが
する。
気持ちとしては、紙の本というものに、
傾倒はあるが、多くのことを解釈し、理解
して、思考の幅を持たせるという目的に
対しては、電子書籍は、有効なもので
ある。

一方で気になるところは、その保存である。
電子書籍は、電子ファイルである。
無形なものなので、バックアップを常に
実施しておくことが必要。
しかし、電子書籍をファイルとして提供
しているプロバイダ毎にプラットホーム
の垣根を超えて、同じ本を保存し見ると
いう事に対しては、一部制限がある。

この辺は、まだ個人の運用の仕方に依存
している部分で利便性にかける。

実際に読んで見る。
紙の本と違って、当然ながらモニタ、
スクリーンで表示されるので発光しており、
輝度を落として読まないと目が疲れる。
紙と違って、有用な箇所へのマーキング
が気軽。本は、汚して読めなどと言われる
が、紙の本だと、汚したく無いという気持ち
が出て、ほとんど、マーキングをすること
が無い。
電子書籍だと、マーキングのツールがあり
重要な箇所を明記することができるので
読み返しの時、らくである。

複数書籍を持てて、読み返しなどを考えると
電子書籍の効果は、大きい。

個人的にも、電子書籍の効果の大きさを
感じるので、個人的に活用してみて、
利便性を高めていこうと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会学とは、どんなものか?

2017年10月24日 06時10分28秒 | ビジネスネタ
社会学というものに、興味が向いている。
職業柄、技術に関すること、プロジェクト
を管理すること、経済的な事などの情報
を吸収する事に興味が向いていたが、最
近、ネタ探しの為に、本のタイトルを物
色していたら、社会にいろんなテーマや
懸案、問題があり、多くの人がなんらか
の考えを持って対処できるよう、意思を
オープンにして本にしたり、ネットで表
現している事に、あらためて気づいた。

詳しくは、調べてないが、そういう様々
な社会問題を捉え、試行錯誤、分析を
マクロ的、ミクロ的に行い、改善に向け
ての行動を示唆するのが社会学のようだ。

漠然としているが、こういう物は、面白
い。これからの混沌とした時代には、よ
り一層必要な思考と、その実践でないか
と思う。

自分の気になるテーマを見つけて、多方
面に知見を得るような活動は、仕事とは
別に自らのキャパシティを増やすので
どんどん増やしていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渓流のフライフィッシングは、訓練の縮図

2017年10月06日 07時02分03秒 | ビジネスネタ
ふと気づいたが、とうとう今年は、というか今年もフライで渓流釣りに
出ることがなかった。

自然渓流で渓魚と遊ぶのは、ちょっとした頭脳戦で楽しい。
現地の状況、気温、水温、魚影、魚の活性など、あれこれ考えながら
フライを流す。

この場所には、いるかなぁ?とか、いるに違いないとか葛藤しながら
自然を相手にするのは、知的好奇心を唆る。

現地で芽生えた疑問とか、得た経験をどういうことだったのか?
どういうことなのか?という具合に裏付けをして理解したい気持ちになる。
いろんな本を見て、渓流で得た経験を自分なりに整理して
ケースパターンの引出しに置く。

相手は、自然の生き物で魚であるから、感情的なものより、本能的な
行動が概ねなので、そういうものから学ぶことが多い。

自ら、この場所で出そうだなという仮説と期待をし、あらゆる手を使い
検証をする。

検証途中であるが、結果が出なくて違う場所でやれな良いものを
自分なりに判断したことなのだから、無駄に粘って機会損失したり。
日常生活の振る舞いに参考になる思考と行動様式が満載である。

短い時間で、ああしておけば良かった、こうしておけば良かった
というような鍛錬ができる。

渓流でのフライフィッシングは、こんな経験とトレーニングができる
他にはないスポーツだなとふと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとした運動を続けると。

2017年10月06日 06時58分33秒 | ビジネスネタ
自己満足の世界でしかないが、体を少しずつ鍛えている。
鍛えるというほどでもないが、鈍っている体に多少の喝を入れている。
8年くらい前から、ロードバイクで走り出し、たまにジョギングをして汗を掻く。
週末は、できるだけこの回数を稼いでいたが、ここ数年の結果を見ると、
だいたい週一回程度の割合で収まっている。

40代までは、基礎代謝があったのか、まとまった運動をすると、
体重も減ったのであるが、ここ数年、体重には無頓着だったこともあって、
週一回の頻度だと、ぶくぶくしてる感じが取れなくなってきた。

毎日、軽いジョギングをやろうかと思うけど、
帰宅して食事をとって、部屋着からまた運動着に着替え、
走り出すことを考えると、二の足を踏んでしまう。

ロードバイクやジョギングの有酸素運動は、続けているけど、
減量の効果が薄れてきたので、食事の量を減らす心がけをしている。
夕食は、条件反射のように、ご飯を二膳頂いていたのを、
一膳にし、少なめに盛るようにした。

食欲は、ある程度、抑制はできるものの、かなえからすると、
まだまだ食べるタイミングとか、余計なものを食べたりと、注意を受ける。

一定の食事をとりながらも、毎日の運動で余計なエネルギーを
消費できないものか、漠然と思っていたら、筋トレというものが
効果がありそうであることに気付く。

お腹のたるみもあるので、体幹をいじめるような運動が出来ないか。
雑誌、ネットを見ながら筋トレのメニューを考えた。

この1ヶ月程度、まとまった自重筋トレのメニューを作って試してみている。
まだまだ散発的にやっていて、確かな効果には、なっていないが、
やることで気分は、スッキリして、ストレスの発散にはなる。

このメニューを、続けてみて、体調の良し悪し等、効果を見ていきたい。

続けてやることで、僅かながらも一定の運動量が確保出来き、
週末にロード乗らなきゃとか、ジョグやらなきゃとかのしばりを薄くしたい。
縛りがあると出来なかった時の後悔するような感覚がいやらしい。
続けてやることで、週末の運動のやり方も、気軽な感じに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉の持つ力

2017年09月10日 18時16分36秒 | ビジネスネタ

あらためて感じ、理解しておくべきこととして、

言葉の持つ力というものは、絶大で、歴史的に見ても

それは、明らかです。

 

言葉は、哺乳類のなかでも人だけがもつ、能力でこれが

知性、論理、思考を作り上げ、人々の生活を良くして

きました。


言葉から得る情報と力というものを、日々の日常では

意識することなく、当たり前に使っています。

最近、個人的に痛感するのが、情報、知識を得るのは

当然なのですが、言葉のもつ力というものが、人の

思考をつかさどり、行動に影響をもたらし、生活や

人々の関係を変えていくということ。

 

あらためてそう思うと、しっかりと言葉を捉え、文章や

会話で表現し、生活に良い影響を出して行けるよう

暮らしていきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本を読むということ。

2017年09月10日 17時50分15秒 | ビジネスネタ

ここ数年、本を読む量が少なくなっている。

ビジネス本を読むことで、役に立つ知識を得ることが

漠然とした目標でしたが、一度読むくらいでは、

当然ながら身につくわけありません。

年齢を重ねる毎に、一度読んだ内容、フレーズ、言葉

というものが、体に残らないようなところもある。

 

好きな本、好きな箇所、言葉などは、何度も読み返したり

メモに残したりすれば良いものを、そういうことをして

なく、一度読み終えることで満足感を得ておわっている。

 

人によっては、もしかしたら多くの人は、何度も何度も

繰り返し読み込んでいるのかも知れない。

 

そう言うことが肝心で、自分の手元にのこしてきたもの

は、読みたい箇所、得体ちしきだけでも、抜粋して

得るものにしていこうと思う。

今、読みたいものを一段落させたら読み返しして

言葉の印象を定着していこうと思う。

これからをよりよくするものが、沢山あると思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PowerPointの嫌悪感

2017年04月02日 08時17分57秒 | ビジネスネタ

広くビジネスで提案するためのツールとして、Power Pointは、スタンダードとして

使われているけど、半世紀も生きているとなかなかこれへの嫌悪感というものが

消えない。

 

時間のないなか、資料を作る際に、さくさくと作れる感がしない。

根本的に、PPが嫌いなので、触ることがうっとおしい。

 

仕事をする上で、嫌いとばかり、言ってられないので、使うのだけど、めんどくさくてなかなか

好きになれない。

好きこそものの上手なんとかといったりすので、馴染むように、必要となる資料を

PowerPointで作ってみようかとも思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kindle本は、まだまだ、本の数が少ない。

2017年03月19日 01時47分53秒 | ビジネスネタ

Kindle unlimited で本を、いくつかダウンロードした。

まず思うことであるが、unlimited を継続して使うことは

個人的には、ないかなと思う。

1ヶ月弱使いましたが、まず本の種類と数が少ない。

この種類だと、読める本が少ないので、ブックオフで買った方が

選べる本も多い。

Kindleで本を読む習慣になれない感じ。

本は、紙の本が読んだという感じがして、実感がある。

雑誌のなどは、Kindleの方が重たくなくて良い。

新書とか普通の本は紙の方がいい。

読んだ印象が、かなり違う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多読していた時期

2017年03月07日 21時50分06秒 | ビジネスネタ
なんとなく、過去のブログの読書評を見てみた。

12年くらい前から乱読して来た。
最近、読書量は、減ってしまったのだが、ここ、3、4年前までは、なんらか本を読んでいた。

読み返しした本もあれば、その時だけで読み終えている本もあった。

だいたいこんなことが書かれていたなぁと漠然と思い出す。
正確な情報や内容を思い出すことは、できないが、面白かったとか、
内容のある本だとか、その時々で感心があったことなど思い出す。


読書は、人の考えを垣間見ることができ、必要な思考に、自分だけの
捉え方をせず、幅広い視野で見ることができるものである。

他人の考え方、論理を知る上で大変役に立つ。
少し、読まない時間が、長くなっていた。

何かを読み、所感を持ち、さらっと表現する。

忘れかけてたなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログランキング 

人気ブログランキングへ